【京都大賞典】タマモベストプレイ激走あるぞ

公開日:  更新日:

京都大好きは人気馬だけじゃない

 キタサンブラックは京都で菊花賞、春天皇賞の2戦2勝と相性抜群。さらに、一昨年の勝ち馬ラストインパクト、昨年の勝ち馬ラブリーデイ。京都大賞典ではコース巧者が激突する。

 だが、この3頭はいずれも人気サイド。〝京都大好き〟の伏兵ならタマモベストプレイだ。

 これまで淀では8戦して〈3113〉。3歳時にはきさらぎ賞で6番人気ながら初タイトルを獲得した。一昨年のこのレースではラストインパクトの首差②着。この時も6番人気と評価は低かった。

 当時は丹頂S勝ちからの参戦。昨年は、やはり丹頂Sで③着後に中山のオールカマーに転戦して⑫着だった。今年は②着して、ここへ。

 南井助手がその前走について、こう話す。

「よく頑張っていたね。4角で後ろの集団にこられた時は一気にのみ込まれるかと思った。ヤマカツライデンが前で頑張ってくれたし、ベストも気持ちが集中していたのかも」

 今回もヤマカツライデンがエントリー。キタサンも前、前の競馬で長距離戦にしてはよどみのない流れになりそう。これなら前走同様に気持ちが途切れない。

 栗東に帰厩後はここを目指して入念に乗り込まれてきた。

 先週の坂路4F53秒7に続いて、けさは53秒9をマーク。力強い動きを見せている。

「デキは前走よりもいいと思う。年齢を重ねてズブさも出ているけど、頑張ってほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る