【京都大賞典】タマモベストプレイ激走あるぞ

公開日:  更新日:

京都大好きは人気馬だけじゃない

 キタサンブラックは京都で菊花賞、春天皇賞の2戦2勝と相性抜群。さらに、一昨年の勝ち馬ラストインパクト、昨年の勝ち馬ラブリーデイ。京都大賞典ではコース巧者が激突する。

 だが、この3頭はいずれも人気サイド。〝京都大好き〟の伏兵ならタマモベストプレイだ。

 これまで淀では8戦して〈3113〉。3歳時にはきさらぎ賞で6番人気ながら初タイトルを獲得した。一昨年のこのレースではラストインパクトの首差②着。この時も6番人気と評価は低かった。

 当時は丹頂S勝ちからの参戦。昨年は、やはり丹頂Sで③着後に中山のオールカマーに転戦して⑫着だった。今年は②着して、ここへ。

 南井助手がその前走について、こう話す。

「よく頑張っていたね。4角で後ろの集団にこられた時は一気にのみ込まれるかと思った。ヤマカツライデンが前で頑張ってくれたし、ベストも気持ちが集中していたのかも」

 今回もヤマカツライデンがエントリー。キタサンも前、前の競馬で長距離戦にしてはよどみのない流れになりそう。これなら前走同様に気持ちが途切れない。

 栗東に帰厩後はここを目指して入念に乗り込まれてきた。

 先週の坂路4F53秒7に続いて、けさは53秒9をマーク。力強い動きを見せている。

「デキは前走よりもいいと思う。年齢を重ねてズブさも出ているけど、頑張ってほしい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る