【京都大賞典】役者が違ったキタサンブラック

公開日:  更新日:

 きのう行われたGⅡ京都大賞典はまさに役者が違った――。

 断然の1番人気キタサンブラックは盤石の勝ちっぷり。ハナを主張したヤマカツライデンの2番手から。もう一頭のGⅠ馬ラブリーデイが掛かる面も見せる中、こちらは武豊との呼吸は抜群で、折り合いピタリ。GⅠ2勝の実力馬が何の不利もなく、スムーズに4角を迎えた時点で“勝負あり”だった。

 直線は馬なりで先頭に立つと②着アドマイヤデウスを封じ込めてのフィニッシュ。首差でも余裕しゃくしゃくといっていい秋初戦Vである。

 意外にも1番人気は今回がデビュー以来、初めてだったキタサン。そのファンの支持には満点回答で応えた形だ。この後は天皇賞・秋へ向かわず、ジャパンC→有馬記念の予定。王者の風格さえ漂っていたこの勝利からはそのGⅠ2戦でも期待が高まってくる。

①着キタサンブラック(武豊騎手) この馬らしい勝ち方でした。逃げる馬がいなければ逃げてもよかったけど、行く馬がいたので2番手で。道中はムキになることもなかったし、最後も②着馬が来れば来るだけ伸びていた。着差以上の完勝でしょう。春の天皇賞馬として負けられない気持ちだった。このあと2戦、大きな舞台(ジャパンC、有馬記念)が待っているし、そこでも頑張りたい。

②着アドマイヤデウス(橋田調教師) もうちょっとだったけどね。今回はいつもの休み明けと比べても状態が良かったが、今回は相手もかなり強力でした。最後は脚を使っているけど、抜け出すほど切れなかった。

③着ラブリーデイ(ルメール騎手) 勝ち馬の後ろで完璧な競馬だったし、ラスト250メートルでスペースもあきました。そこから頑張ってくれましたが、残り50メートルで苦しくなった。でも、いいトライアルになったよ。

④着サウンズオブアース(M・デムーロ騎手) ゴチャついて厳しい競馬になりました。それでも最後で一瞬、凄い脚を使ってくれた。きょうは久々だったし、よく頑張ってくれました。

⑤着ヒットザターゲット(小牧騎手) この馬には二千四百が合っているね。最後もいい脚で追い込んできたけど、結局、前残りになったから。でも、まだまだ頑張れるよ。

⑧着ヤマカツライデン(池添騎手) 自分のレースはできました。一線級相手で残り4Fからペースが上がりましたが、こうした競馬を経験できたことが今後に生きてくると思います。この馬もレベルは高く、まだまだこれからの馬ですから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る