【秋華賞】ビッシュ⑩着大敗

公開日:  更新日:

関東馬は栗東滞在しないと……

 単勝2・5倍だったビッシュ。オークス馬シンハライトの回避により押し出される形で1番人気となったが、見せ場もないまま⑩着惨敗となってしまった。

「1~2角でゴチャついて、もまれる場面があった。もう少し精神面で強くならないといけないかな」とは鹿戸師。確かに418キロの小柄な牝馬としては厳しい形となってしまったが、それでも挽回できるチャンスはあった。勝負どころでジワッと進出し、3角からは目の前に勝ち馬ヴィブロスがいて絶好の形に見えたが、激しく鞍上の手が動いても反応せず。結局、ひと脚も使わずに入線してしまった。

 これが“アウェーの洗礼”は言い過ぎかもしれないが、初となる美浦からの長距離輸送が、少なからず影響したのかもしれない。

 実際、07年以降の秋華賞で関東馬はアパパネ、ヌーヴォレコルトなど2勝②着2回③着3回と馬券に絡んだが、その7頭全てが直前に栗東滞在をしていた。

 歴史は繰り返す――。やはりこのレースに限っては、関東馬の取捨は、栗東入りしているか否かが重要と言えるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る