• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【秋華賞】レース後の談話

①ヴィブロス(福永騎手) 一番いいポジションが取れて、いいリズムで運べたね。〝これで負けたら仕方ない〟という感じ。ビッシュが斜め後ろにいるのは分かっていたけど、自分のリズムで追い出すことができた。スピードの持続力で勝負する姉(ヴィルシーナ)と違っていい瞬発力がある。これでも、まだまだ良くなる途中ですよ。

(友道調教師) ひと言で嬉しいです。姉で悔しい思いをして、そのリベンジができた。春を休ませたことで馬体がよくなった。姉より体が柔らかいのでためればはじけるイメージはあったんです。2走前に「馬込みで我慢させてほしい」と。それが今の末脚につながりました。

②着パールコード(川田騎手) 馬の具合も良かったですし、いい内容の競馬ができました。直線は夢を見ることができましたね。ええ、この先が楽しみになる一戦になったと思いますよ。

③着カイザーバル(四位騎手) 外枠だったからね。力んで仕方なかったけど、力をつけてる。壁ができたのが3角手前。(折り合いをつけるのに)骨が折れたね。もう少し内を引いていれば。

④着ジュエラー(M・デムーロ騎手) いいとこ取れたね。ただ、4角でゴチャゴチャした。外に出したかったけど、できなかったし、躊躇する感じ。外に出した時ほどの瞬発力がなかった。最後は伸びてくれていますが。

⑤着レッドアヴァンセ(武豊騎手) スタートよくて、ある程度のポジションで運べました。勝ち馬を見る形で直線を向いたけど、期待していたほど伸びなかったね。

⑥着クロコスミア(西浦調教師) いいペースだったけどね。外から差してくる馬もいるし、ひと雨降って欲しかったね。でも、一戦ごとに力をつけているし、この馬の力は出せたんじゃないか。

⑦着パーシーズベスト(ルメール騎手) 忙しかったね。直線は頑張ってくれたけど、この馬には内回りの二千は流れが速すぎた。距離を延ばしていった方がいいね。

⑧着ミエノサクシード(川島騎手) 器用さがないし、走り方からしても京都の内回りは合わないみたいです。それに前走より3キロも重い斤量でしたから。

⑨着デンコウアンジュ(内田騎手) 位置が後ろになったからね。もう少し中団で競馬がしたかったんだけどね。スピードに乗り切れなかったよ。

⑩着ビッシュ(戸崎騎手) 返し馬の感じも良かったし、落ち着きもありました。3角では勝ち馬の後ろでいい感じだったんですけど……。そこから反応がなくなってしまって。敗因がつかめないですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  7. 7

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  8. 8

    遺族の感情逆なで 堀内議員“高プロ”強行採決で大ハシャギ

  9. 9

    日ロ会談は成果ゼロ プーチンに見切られた安倍首相の末路

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る