【菊花賞】2強対決の3冠最終戦 主戦の勝算

公開日: 更新日:

サトノダイヤモンド 「三千は分からない。でもスタミナはある」(ルメール)

――今週の追い切りの感触は?
ルメール騎手「とてもいい感じ。直線の反応がとても良かった。ストライドもスムーズでリラックスしていた。完璧だと思います」

――神戸新聞杯を振り返ってください。
「まだ100%じゃなかった。それでも4角から馬が走りたがり、ゴールまで頑張ってくれた」

――上積みがありそうですか。
「この前は休み明け。少し掛かったけど、今度はたぶんリラックスしている。もっと乗りやすいかも」

――今度は京都の三千です。
「京都は内回りでも外回りでも勝っている。問題ないと思います。三千はまだ分からない。でも、スタミナがある。二千四百で勝っているし、リラックスしていればいける」

――ライバルは?
「一番はディーマジェスティ。皐月賞を勝ち、ダービーで③着。前走も簡単に勝った。とてもいい馬。走る馬」

――最後に抱負をお願いします。
「3歳最後のクラシック。GⅠを勝てる馬なので頑張ります」

ディーマジェスティ 「落ち着いて普段通りの彼ならば、って気持ち」(蛯名)

――追い切りは6F83秒6-37秒8。長め追走から併走馬に1馬身先着しました。
蛯名騎手「先週も(負荷をかけて)やっているからね。(感触としては)非常に順調といった感じだね。この後は輸送があるので、何とかこのままの状態で行ってほしい」

――勝った前走のセントライト記念の時と比べてどうでしょう?
「当時もいい状態に仕上がっていたと思っていたが、今回はあれ以上の状態になっているね。やはり前走は夏の暑い時季から(調教で)動かしていかないといけなかったから。そういうのもあると思う。春より馬体がふくらみ、非常にいい感じにきていると思う」

――では3冠最終戦。期待できますね。
「順調さを欠いたダービーでも、寄られるところがあっての③着。馬自身も負けたとは思ってないはず。今回は春の勢力にはいなかった馬もきている。距離も三千を走った馬はいない。どんなものか分からないが、〝落ち着いて普段通りの彼ならば〟って気持ちはある。いつもの彼でゲートインできればと思っている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る