【菊花賞】ディーマジェスティ④着

公開日:  更新日:

関東馬に遠いラスト1冠

 ラスト1冠の淀の坂は関東馬にはまだ険しいのか――。

 皐月賞馬ディーマジェスティは2冠取り狙うも④着止まり。2周目の3角手前からサトノをマークする形に持ち込んだが、先に手応えが怪しくなり、直線はアッという間に離されてしまった。

“アウェーの洗礼”は言い過ぎかもしれないが、関東馬の菊花賞制覇は栗東滞在した01年マンハッタンカフェを最後に遠ざかっている。②着も04年ホオキパウェーブが最後で、07、14年と③着が2回あるだけ。関西馬優勢の状況は、今年も変わらずじまいだった。

 春2冠は“ホーム”の関東馬が近10年で皐月賞=4勝②着2回③着2回、ダービー=2勝②着3回③着4回。かつての「西高東低」から脱却しつつある。

 サトノがさまざまなジンクスを打ち破って栄冠を手にしたように、来年こそ関東馬の奮起に期待したいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る