【菊花賞】レース後の談話

公開日:  更新日:

①着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) エモーション(感動)がメッチャ高い。日本のクラシックは凄く大切なレース。勝ててすごくうれしいです。もちろん、彼がGⅠを勝てたことも。まだ若いところがあっても、秋で一番いいコンディションだった。距離を心配したけど、とても乗りやすく頑張ってくれた。直線の反応も良く、自信はありました。里見さん(オーナー)にGⅠをプレゼントできてうれしい。

(池江調教師) 返し馬で噛んでいたけど、スタンド前で折り合いがついて“これはいいな”と思いました。資質はあったのが、厳しいメニューに耐えて理想のステイヤーの形に。親子共々、お世話になってるオーナーにGⅠをプレゼントできた。これからドンドン恩返ししたい。

②着レインボーライン(福永騎手) ペースが流れると思い、後ろで我慢させて。やや、行きたがったけど、我慢はできていた。手応えは抜群。勝ち馬には離されたとはいえ、よく頑張ってくれた。いつも思った以上に走ってくれる。二千から二千四百がいいかな。

③着エアスピネル(武豊騎手) 取りたい位置で競馬はできたけど、1周目から2周目の向正面まで掛かってしまった。内枠で折り合っていたら結果も違ったんじゃないかな。それを考えればよく頑張ってるし、力は見せてくれたと思うよ。

④着ディーマジェスティ(蛯名騎手) 最初からハミを取らなかった。サトノダイヤモンドの横に行きたかったけど、向正面までフタをされて。先生からは“包まれないでほしい”と。ただ、向こうは馬なりで離していった。ギアが上がった時について行けなかったね。止まってはないし、②着争いでは抵抗してるんだけど。思ったリズムで行けなかった。

⑤着ミッキーロケット(和田騎手) スタンド前でペースが遅くなった時に力んでしまって。ハミを噛むとなかなか抜けない馬で、内にももたれて大変だった。立て直すことに必死も、その割にはよく頑張ってる。

⑥着シュペルミエール(北村宏騎手) 状態は抜群に良かった。ペースが落ち着いた時に位置を上げることができたし、最後も前に追いつく感じで伸びてる。うまくいかない部分もあったけど、馬の方は確実にステップアップしています。

⑨着レッドエルディスト(四位騎手) 2周目の下りでガツンとハミを取ってくれると思ったんだけどねえ。そこで前にいた強い2頭に離されてしまった。現状は力不足だったということかな。

⑪着プロディガルサン(田辺騎手) 前半はいい感じだったけど、2周目に狭いところに入ると力んでしまった。

⑫着ウムブルフ(浜中騎手) 初めての輸送競馬でも、イレ込みは許容範囲。ただ、向正面で外から来られた時にハミを噛んでしまった。そこがもったいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る