【天皇賞】キーナンバーは「3」

公開日:

 かつて「3の倍数と3がつく数字の時だけアホになります」というネタでブレークした芸人がいた。“世界のナベアツ”である(現在は桂三度に改名)。実は、今年のGⅠは「3」がキーナンバー。見つけたらアホになることなく、喜ばなければいけない。

 まずは馬番。先週の菊花賞までの14鞍で、3勝ずつの勝ち馬を出しているのが3番、13番だ。

 3番はオークス=シンハライト、ダービー=マカヒキ、菊花賞=サトノダイヤモンド。13番は桜花賞=ジュエラー、ヴィクトリアM=ストレイトガール、スプリンターズS=レッドファルクス。

 人気はどうか。上位人気の成績はこう。
   ①②③外 勝 率
 1人 4424・286
 2人 2624・143
 3人 4127・286

 1番人気と勝利数で並んでいるのが“3”番人気。桜花賞=ジュエラー、ダービー=マカヒキ、スプリンターズS=レッドファルクス、秋華賞=ヴィブロスがそうだった。

 13番人気も1度連対。春の盾で大穴をあけたカレンミロティックだ。今年、10番人気以下で連絡みはこの馬のみで、馬番はナント、3番だった。

 ただし、“3枠”は不振。今年は〈02025〉で勝ち馬ナシ。菊花賞で④着に敗れたディーマジェスティも赤帽子……。

 ちなみに、秋天では3枠が“死に目”状態。府中の二千は内枠有利といわれるが、勝ち馬は87年ニッポーテイオーを最後に28年間出ていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る