【天皇賞】エイシンヒカリ「優等生すぎた」(武豊)

公開日:

自身初の連敗

 快勝のモーリスとは対照的に“?”のつく敗戦になってしまったのが2番人気のエイシンヒカリだった。

 絶好の1番枠からハナに立つ競馬。道中で外から昨年の覇者ラブリーデイにマークされたが、流れは理想的になった。

 前半3Fは36秒9、5F通過は60秒8。これらの数字は過去10年で最も遅いものだ。前日の土曜が昼すぎまで稍重で、パンパンの良ではなかったにしても、相当に緩い流れをつくりだしていた。

「折り合いは、つきすぎるくらいついてました」

 そう話したのは武豊。だが、直線では追えども追えども伸びるシーンはなく、無抵抗のままで⑫着と大敗した。

 勝つ時は鮮やか、負ける時はあっさり……は逃げ馬の宿命だが、これでエイシンは前走の英GⅠプリンス・オブ・ウェールズSに続いての敗戦。デビュー以来、初めて連敗を喫したことはファンにとって多少、気掛かりになってくる。

 ただ、これまでを振り返れば、初のオープン勝ちだったアイルランドTは同じ東京二千で前半5F58秒2での逃げ切り。昨年6月のエプソムC、10月の毎日王冠とJRAでの重賞2勝も前半5F59秒台での逃走V。きのうはスローすぎた感もある。

「昨年(の天皇賞)はエキサイトしすぎ。今回は優等生すぎました」との言葉も、レース後の武豊からは聞かれた。

 今後は“ラストラン”となる香港カップで連覇を狙う。昨年とローテーションも同じだ。

 絶対王者モーリスと再び顔を合わせることが濃厚だが、本来のよどみのないスタイルでの“ガチンコ”対決で、巻き返しを期待してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る