• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【天皇賞】レース後の談話

①着モリース(ムーア騎手) スタッフが完璧に仕上げてくれたね。今までにないぐらいの走りを見せてくれたよ。1コーナーでの位置取りが少し慌ただしくなったし、少し早めに仕掛けていったけど、他の馬が追いつけない自信があった。完勝だった。

②着リアルスティール(M・デムーロ騎手) テンションは高めだったけど、レースではテンに少し喜んで走った程度。僕が乗った時には折り合っているし、賢くていい馬ですよ。外めの馬場のいいところを走れたし、ラストまでよく頑張ってるよ。それにしてもモーリスは強かったね。

③着ステファノス(川田騎手) 前の2頭が強かったですね。この馬としては予定通りのレースができました。直線も頑張って走ってます。

④着アンビシャス(音無師) 最後までしっかりと差を詰めてくれた。でも、展開が向かなかったね。ペースが流れるのを祈っていたけど、全然、流れなかった。

⑤着ロゴタイプ(田辺騎手) 毎日王冠をひとたたきして気持ちがピリッとしていたし、走りは良くなってましたね。レースも遅いペースの中、前めの位置でいい感じに脚がたまりました。直線でもいい伸びを見せてくれましたが、勝ち馬が強かったです。

⑦着ルージュバック(戸崎騎手) 初めての中2週でしたが、落ち着きがあって馬の雰囲気はいい感じでした。ただ3、4角での進路取りのところでゴチャついたのが痛かったですね。スムーズならもっとやれたんですが。

⑧着ヒストリカル(田中勝騎手) 追い込みのスタイルの決まっている馬だけに、この展開では厳しかった。この馬なりによく伸びてるよ。スローペースで前が止まってくれない。ここまでが精いっぱいだったよ。

⑨着ラブリーデイ(ルメール騎手) 大外枠からでは厳しかったよ。テンに出していって2番手からになったが、前に馬を置けずにリラックスした走りができなかった。その分、ラスト1Fからは疲れてしまった。

⑩着サトノノブレス(シュタルケ騎手) 切れる馬じゃないから前半もっと前めで運びたかったんだけど、それができなかった。

⑫着エイシンヒカリ(武豊騎手) 本来は折り合わせるのが難しい馬なのに、きょうはおとなしくて折り合いすぎるくらいだったよ。昨年はエキサイトしてダメだった(⑨着)けど、今回は全く逆のパターンでダメ。う~ん、難しい馬だね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  6. 6

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る