【アルゼンチン共和国杯】これがハーツクライの成長力だシュヴァルグラン

公開日: 更新日:

休み明け58㌔も何のその

 満を持してGⅠ取りへ大きく前進――。

 GⅡアルゼンチン共和国杯は2番人気の4歳馬シュヴァルグランが勝利を収めた。

 今春、GⅡ阪神大賞典①着→GⅠ天皇賞・春③着の実績馬。だが、今回はトップハンデ58キロ、中2週でジャパンCを見据えた仕上げ。さらにレース当日も、ややテンションが高く、1角まで少し力み加減。それらをもはねのけて結果を出すのだから、“地力の違い”のひと言だろう。

 そんな状況でも出世レースを制したシュヴァルグランは前途洋々だ。

 というのも、父ハーツクライは4歳暮れに有馬記念で無敗馬ディープインパクトに初めて土をつけてGⅠ馬の仲間入り。その勢いで翌5歳初戦に海外GⅠドバイシーマクラシックを制覇と、一気に上り詰めた晩成型だ。

 産駒にも同様の傾向がある。ここまで重賞31勝を挙げているが、2歳=4勝、3歳=8勝、4歳=8勝、5歳=9勝、6歳=2勝と、5歳時の勝利が一番多い。それも、わずか4世代でのものだから、いかに産駒が奥手かの証明になる。

 これまでの代表産駒ジャスタウェイも4歳秋の天皇賞初制覇から世界へと羽ばたいた。シュヴァルグランもまだキャリア15戦と馬は若く、これから充実期に入って、父と同じような軌跡を歩んでいく可能性は大。

 次なる狙いはジャパンC。有力馬はキタサンブラック、ゴールドアクター、リアルスティール、サウンズオブアース、ディーマジェスティら。2週後にこれらをまとめて倒して頂点を取っても、何ら不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る