【アルゼンチン共和国杯】これがハーツクライの成長力だシュヴァルグラン

公開日:

休み明け58㌔も何のその

 満を持してGⅠ取りへ大きく前進――。

 GⅡアルゼンチン共和国杯は2番人気の4歳馬シュヴァルグランが勝利を収めた。

 今春、GⅡ阪神大賞典①着→GⅠ天皇賞・春③着の実績馬。だが、今回はトップハンデ58キロ、中2週でジャパンCを見据えた仕上げ。さらにレース当日も、ややテンションが高く、1角まで少し力み加減。それらをもはねのけて結果を出すのだから、“地力の違い”のひと言だろう。

 そんな状況でも出世レースを制したシュヴァルグランは前途洋々だ。

 というのも、父ハーツクライは4歳暮れに有馬記念で無敗馬ディープインパクトに初めて土をつけてGⅠ馬の仲間入り。その勢いで翌5歳初戦に海外GⅠドバイシーマクラシックを制覇と、一気に上り詰めた晩成型だ。

 産駒にも同様の傾向がある。ここまで重賞31勝を挙げているが、2歳=4勝、3歳=8勝、4歳=8勝、5歳=9勝、6歳=2勝と、5歳時の勝利が一番多い。それも、わずか4世代でのものだから、いかに産駒が奥手かの証明になる。

 これまでの代表産駒ジャスタウェイも4歳秋の天皇賞初制覇から世界へと羽ばたいた。シュヴァルグランもまだキャリア15戦と馬は若く、これから充実期に入って、父と同じような軌跡を歩んでいく可能性は大。

 次なる狙いはジャパンC。有力馬はキタサンブラック、ゴールドアクター、リアルスティール、サウンズオブアース、ディーマジェスティら。2週後にこれらをまとめて倒して頂点を取っても、何ら不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る