【みやこS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着アポロケンタッキー(松若騎手) もまれると良くないイメージがあったので、自分で動く形を。4角は外を走ることになりましたが、エンジンが掛かっていたし、最後まで伸びてくれましたね。まだ成長の余地がある馬。ボクも再度、騎乗を依頼されるようなジョッキーになりたいです。

②着グレンツェント(川田騎手) いい流れの中、スムーズな競馬ができましたが、きょうは着差以上に勝った馬が強かったですね。

③着ロワジャルダン(浜中騎手) 最近はハミを噛むと聞いていたんですが、折り合いもスムーズについたし、直線も脚を使ってくれましたしね。成長を感じたよ。

④着モンドクラッセ(清水英調教師) どうしても目標にされてしまうし、ハナに行くまでに脚を使わされた。でも、そんなに負けてないし、ジョッキーが上手に乗ってくれた。

⑬着ラニ(内田騎手) 久しぶりの右回りでコーナーもきつかった。馬が傾いて走ってたよ。きょうは最後までエンジンがかからなかった。

⑭着アスカノロマン(和田騎手) 58キロを背負ってたので前で競馬をしようと。うん、勝負どころまではいい感じだった。それが最後は脚が上がってしまって……。直線で不利はあったけど、その前に手応えがなかった。先週の追い切りが予定より軽くなって、息ができてなかったのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  5. 5

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  6. 6

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  7. 7

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  8. 8

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

もっと見る