• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【みやこS】レース後の談話

①着アポロケンタッキー(松若騎手) もまれると良くないイメージがあったので、自分で動く形を。4角は外を走ることになりましたが、エンジンが掛かっていたし、最後まで伸びてくれましたね。まだ成長の余地がある馬。ボクも再度、騎乗を依頼されるようなジョッキーになりたいです。

②着グレンツェント(川田騎手) いい流れの中、スムーズな競馬ができましたが、きょうは着差以上に勝った馬が強かったですね。

③着ロワジャルダン(浜中騎手) 最近はハミを噛むと聞いていたんですが、折り合いもスムーズについたし、直線も脚を使ってくれましたしね。成長を感じたよ。

④着モンドクラッセ(清水英調教師) どうしても目標にされてしまうし、ハナに行くまでに脚を使わされた。でも、そんなに負けてないし、ジョッキーが上手に乗ってくれた。

⑬着ラニ(内田騎手) 久しぶりの右回りでコーナーもきつかった。馬が傾いて走ってたよ。きょうは最後までエンジンがかからなかった。

⑭着アスカノロマン(和田騎手) 58キロを背負ってたので前で競馬をしようと。うん、勝負どころまではいい感じだった。それが最後は脚が上がってしまって……。直線で不利はあったけど、その前に手応えがなかった。先週の追い切りが予定より軽くなって、息ができてなかったのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る