【みやこS】レース後の談話

公開日:

①着アポロケンタッキー(松若騎手) もまれると良くないイメージがあったので、自分で動く形を。4角は外を走ることになりましたが、エンジンが掛かっていたし、最後まで伸びてくれましたね。まだ成長の余地がある馬。ボクも再度、騎乗を依頼されるようなジョッキーになりたいです。

②着グレンツェント(川田騎手) いい流れの中、スムーズな競馬ができましたが、きょうは着差以上に勝った馬が強かったですね。

③着ロワジャルダン(浜中騎手) 最近はハミを噛むと聞いていたんですが、折り合いもスムーズについたし、直線も脚を使ってくれましたしね。成長を感じたよ。

④着モンドクラッセ(清水英調教師) どうしても目標にされてしまうし、ハナに行くまでに脚を使わされた。でも、そんなに負けてないし、ジョッキーが上手に乗ってくれた。

⑬着ラニ(内田騎手) 久しぶりの右回りでコーナーもきつかった。馬が傾いて走ってたよ。きょうは最後までエンジンがかからなかった。

⑭着アスカノロマン(和田騎手) 58キロを背負ってたので前で競馬をしようと。うん、勝負どころまではいい感じだった。それが最後は脚が上がってしまって……。直線で不利はあったけど、その前に手応えがなかった。先週の追い切りが予定より軽くなって、息ができてなかったのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る