【みやこS】レース後の談話

公開日:

①着アポロケンタッキー(松若騎手) もまれると良くないイメージがあったので、自分で動く形を。4角は外を走ることになりましたが、エンジンが掛かっていたし、最後まで伸びてくれましたね。まだ成長の余地がある馬。ボクも再度、騎乗を依頼されるようなジョッキーになりたいです。

②着グレンツェント(川田騎手) いい流れの中、スムーズな競馬ができましたが、きょうは着差以上に勝った馬が強かったですね。

③着ロワジャルダン(浜中騎手) 最近はハミを噛むと聞いていたんですが、折り合いもスムーズについたし、直線も脚を使ってくれましたしね。成長を感じたよ。

④着モンドクラッセ(清水英調教師) どうしても目標にされてしまうし、ハナに行くまでに脚を使わされた。でも、そんなに負けてないし、ジョッキーが上手に乗ってくれた。

⑬着ラニ(内田騎手) 久しぶりの右回りでコーナーもきつかった。馬が傾いて走ってたよ。きょうは最後までエンジンがかからなかった。

⑭着アスカノロマン(和田騎手) 58キロを背負ってたので前で競馬をしようと。うん、勝負どころまではいい感じだった。それが最後は脚が上がってしまって……。直線で不利はあったけど、その前に手応えがなかった。先週の追い切りが予定より軽くなって、息ができてなかったのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る