【エリザベス女王杯】ミッキークイーン半年ぶりの不安を一掃

公開日:

1F11秒9の切れで3馬身先着

 当初、秋は10月10日の京都大賞典で復帰予定だったが、捻挫の影響で回避。ブッツケで本番に向かうことになった。

 普段はコース中心の馬が、今回は大事を取って坂路での調整。攻め過程がいつもと違う点は気になるものの、ここ2週の動きを見れば杞憂に終わりそうだ。

 先週は攻め駆けする相手に4F52秒0―12秒0の好時計で首先着。

 けさも併せ馬のメニューで、2馬身追走のスタートから残り1F過ぎに無理なく合流。そこからがさすが2冠馬だ。軽く仕掛けた程度で抜群の反応を見せて4F52秒0、ラスト1Fは11秒9で3馬身先着。先週よりも道中の手応えはずっと楽になって、ラストの瞬発力にもこの馬らしさが戻った。時計、動きとも文句なし――半年ぶりでも力を出せる状態にある。

○…浜中は「いい動きでしたね。先週は〝休み明け〟と感じましたが、今週は良かった。気持ちが入って集中力がありました」と抜群の手応えを伝えた。「もともと競馬を使った方がいいタイプ。でも、休み明けでも走ってくれる馬。それに外回りの方が間違いなく合っている。あとはゲートを他馬と一緒くらいに出たいです。いいレースをしてくれると思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る