• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【エリザベス女王杯】レース後の談話

①着クイーンズリング(M・デムーロ騎手) 前で競馬をしてほしいとの指示だったけど、少し出遅れたのであの位置からに。でも、距離はたっぷりあるからね。そんなに気にはしてなかった。直線は川田君が外に行ったので内の馬との狭い間を突いたんだ。最後はいい脚で伸びてくれたし、強い競馬だった。うん、念願だった京都のGⅠを勝てて最高にうれしい。

②着シングウィズジョイ(ルメール騎手) 道中は馬の後ろでリラックスして走ってくれた。直線の反応も凄かったけど、スタミナがあまりないので最後の100メートルで止まってしまった。でも、馬はよく頑張ってる。

③着ミッキークイーン(浜中騎手) ゲートを上手に出てくれたし、ペースを考えてもいい位置で運べた。3~4角もスムーズだったけど、直線入り口でエンジンがかかるまで少し手間取った。そこは休み明けの分だろうね。最後はまた差を詰めようとしてたし、あらためてポテンシャルは凄いと感じた。

④着パールコード(川田騎手) 秋華賞からずっといい状態を保ってこれました。また来年もこの舞台へ戻ってこられるように、1年間、一緒に馬をつくっていきたいです。

⑤着プリメラアスール(幸騎手) マイペースでうまく運べましたが、このメンバーを相手に最後まで踏ん張って⑤着だから力をつけています。自己条件はもちろん、これからが楽しみですね。

⑥着同着マリアライト(蛯名騎手) きょうは1コーナーの不利がすべて。マジで落ちるかと思ったほど影響大だった。

⑥着同着シュンドルボン(吉田豊騎手) スタートは良かったけど、この枠順だからね。本当はもう1列、前で競馬をしたかった。それでも一瞬は“オッ”と思ったほど。よく頑張ってますよ。

⑧着タッチングスピーチ(ムーア騎手) 体調は良かったと思う。ただ、この馬には馬場が硬かったみたいで、坂の下りから手応えがなくなってしまった。もう少し距離も長い方がいいかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る