【マイルCS】ミッキーアイル2年半ぶりGⅠ制覇の舞台裏

公開日:

浜中は23日間の騎乗停止

「斜行で大きな迷惑をかけてしまいました。ボクの責任です」

 マイルCSを制したミッキーアイルの浜中に笑顔はなかった。

 審議対象になったのは直線半ばのシーン。いったんは逃げたミッキーアイルと、マークしていたネオリアリズム=ムーアの一騎打ちに。そして突き放そうと浜中が馬体を寄せながら右ステッキを入れると、外にヨレる格好になってしまった。

 これでネオも誘発されて外へ行き、連動するように直後にまで迫っていたサトノアラジンやディサイファらが手綱をモロに引っ張ってブレーキを掛けることに。

「直線を向くまではホントいい感じだった。それがあの不利で何とも後味の悪い結果。転倒しなくて良かった」と話したのが⑩着ディサイファの武豊なら、サトノアラジンで⑤着に終わった川田も「つくづく運がない馬ですねえ」と悔しそうな表情を浮かべていた。

 この事象で浜中は23日間(開催4週間)の騎乗停止処分。かなりの“重罪”と認定された。

 つまり「馬はセーフ、騎手アウト」。以前なら馬は確実に降着だが、現行ルールではこの場合、不利がなければサトノやディサイファがミッキーに先着していたであろう時でしか降着はない。これは競走で示したパフォーマンスや到達順位を尊重する国際スタンダードのルールである。

 一方、ファンにとってはミッキーには勝てなくても、不利がなければ③着は変わっていて3連単やワイドが当たっていたかも――というのはおかまいなしということ。武豊の言葉じゃないが、後味が悪いことだけは確かだ。

 ただ、馬には責任も罪もない。勝ったミッキーアイルはこれでNHKマイルC以来となるGⅠ2勝目。午前中まで稍重で良でもパワーが必要な馬場で、前半3F34秒4で飛ばして91年ダイタクヘリオス以来の逃げ切り勝ちを決めたのだから大したもの。「千二と千六、両方を勝てる馬にしっかり育てていきたい」とレース後に話したのは音無師。次のターゲットは来年の高松宮記念だ。そこでは“すっきり”したGⅠ勝ちを期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る