【マイルCS】レース後の談話

公開日:

①着ミッキーアイル(浜中騎手) 距離に不安はなかったし、道中も気分良く運べました。直線で馬体を併せる形になってから、ひと踏ん張りしてくれた。この馬なりに気性が大人になってきたと感じました。ただ、その中で後味の悪い競馬にしてしまいました。被害を与えた馬、関係者、ジョッキーに申し訳ない気持ち。すべてボクの責任です。

②着イスラボニータ(ルメール騎手) ちょうどいいポジションで競馬ができたし、リラックスして走れていた。直線もすごく伸びたけど、最後は少しだけ負けてた。コンディションはこの前より良かったし、やっぱりマイルは合ってる。この距離だと最後まで頑張ってくれるから。

③着ネオリアリズム(ムーア騎手) 決してマイラーではない。それでも最後まで一生懸命に頑張ってくれました。

④着ダノンシャーク(松山騎手) いい枠でスムーズに流れに乗れた。直線もいいとこがあいてくれたし、最後までしっかりと伸びてくれてます。やっぱり京都のマイルは相性がいいですね。

⑤着サトノアラジン(川田騎手) 直線までは思った通りの競馬ができました。最後もいい勢いで伸びてきたんですけど……。つくづく運がないなと思います。

⑥着フィエロ(戸崎騎手) 先生(藤原英師)とも作戦は相談したし、折り合いもついて思い通りの競馬はできた。直線も不利はなかったけど、なぜか追ってから反応が鈍かった。

⑦着ガリバルディ(福永騎手) 一発を狙えるくらいに状態は良かったけど、内から馬場が乾いてきたからね。枠とか流れとかいろんな面で運がなかった。でも、控える競馬が馬に浸透してきたのはいいこと。来年が楽しみだよ。

⑧着マジックタイム(シュタルケ騎手) 馬は落ち着いていい雰囲気だったし、最後は伸びています。ただ、春と比べると少しフォームがこぢんまりしていました。

⑨着ロードクエスト(池添騎手) 内の馬場はそんなに悪くなかったし、インを狙って走らせました。返し馬もうまくいって、折り合いもついてうまく運べました。でも、下り坂で合図を送ってもモタモタして、最後もジリジリで……。

⑩着ディサイファ(武豊騎手) 直線を向くまではいい感じで運べてただけに、あの不利は何とも後味が悪い。ホント、転倒しなくて良かった。

⑯着ヤングマンパワー(バルザローナ騎手) スタートは出たけど、道中はフワフワして行く気を見せなかった。初めてなのでよく分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る