• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京阪杯】レース後の談話

投稿日:

ネロ重賞初制覇

①着ネロ(バルザローナ騎手) いいスタートを決められました。ある程度速いペースでしたが、馬はリラックス。仕掛けてからもう一度反応してくれました。強かったですね。

②着エイシンスパルタン(助田助手) この馬場だけに、外枠でいいかと思っていたら、内枠の馬にやられてしまいましたね。ただ、重賞でも通用することが分かりましたし、最低限、賞金を加算してくれました。

③着同着フミノムーン(国分優騎手) こんな馬場は得意。じっくり構えるより、馬群にとりついたところで運ぼうと思っていました。道中も我慢ができたし、しっかり脚を使ってくれました。勝ち馬は強かったけど、乗り方ひとつで②着はあったかな。

③着同着アースソニック(アッゼニ騎手) ゲートではチャカつきましたが、この馬場で最後まで頑張ってくれましたよ。

⑤着ラインハート(松田騎手) この枠(2枠)でしたからね。内で脚をタメて運んでいけたし、最後もジワジワと伸びてくれました。

⑭着メラグラーナ(松山騎手) 外枠から中団のいいポジションにつけて運べたんですけど……。良馬場で走らせてやりたかったですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る