【チャンピオンズC】断然の主役アウォーディー陣営を直撃

公開日:

「走りに力強さが出ている」(武豊騎手)

――JBCクラシックを制しました。
武豊騎手「連勝していたけど、今までで一番強い相手と戦う。どれだけやれるかの気持ちで臨みました」

――6連勝です。この間、変わった点は?
「初めてダートを使った時と比べて、走りに力強さが出たのを感じます」

――舞台は中京に替わります。
「癖のある馬じゃない。右回りでも勝っているけど、左回りはコーナリングがすごくスムーズ。中京はいいと思います」

――中央のGⅠでペースが上がると思われます。
「JRAではダートGⅠは2つしかない。当然、ここが目標の馬ばかり。メンバーは強力で厳しいレースになるけど、期待しています」

――松永幹師とのコンビでGⅠです。
「騎手時代に一緒に乗って、お世話になっている先輩。勝てればうれしいですね」

――最後に抱負を。
「ダートでは負けていない。きっちりと結果を出すのはすごい。ベストを尽くして、勝てればいいですね」

「前走は〝うまいな〟と思った」(松永幹師)

――前走で初めて交流GⅠを取りました。
松永幹師「自分から動いて勝ってくれた。強い競馬でしたね。抜け出すとやめるところがあるけど、前の馬を追い掛けて気を抜かせないように追い出してくれた。あの仕掛けは〝うまいな〟と思います」

――中間の調整はどのように。
「厩舎で調整しました。順調にきていますよ。1週前は3頭併せ。反応は良かったですね。乗った助手も〝気を抜かなかった〟と言ってました」

――今週もびっしりと併せ馬を。
「変わりなくこれましたね。最近は調教でしっかりと走り、動くようになってきました。いいと思います」

――中京の千八については。
「前回とは流れが全然違ってくるでしょう。ま、そこらはジョッキーがよく分かっているので。任せます」

――ヘヴンリーロマンスの仔で中央のGⅠも。
「前走を勝てて、すごくうれしかったです。今度も頑張ってほしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る