• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港ヴァーズ】新谷 ワンフットインヘブン直線一気

 香港カップのモーリスと並んで今年の大本命とされているハイランドリール。ただし、近年でも超ハイレベルの愛チャンピオンSを使って凱旋門賞→BCターフとGⅠで好走続きの疲労度、さらに今回はマークを一身に受ける。配当とてんびんにかければ、違う馬から狙う手は十分。◎はワンフットインヘヴンだ。

 秋初戦のフォワ賞が④着も、キ甲に違和感があってレース後に治療も。つまり凱旋門賞は病み上がりの一戦だったが、最後方追走から差し込んで⑥着。負けても素質を再認識できた。

 前走のコンセイユドパリ賞は格下相手のVで、ここへ向けて余力たっぷり。レースの重心が前に掛かれば直線で一気に決めるだけの脚はある馬。強気に狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る