日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港ヴァーズ】新谷 ワンフットインヘブン直線一気

 香港カップのモーリスと並んで今年の大本命とされているハイランドリール。ただし、近年でも超ハイレベルの愛チャンピオンSを使って凱旋門賞→BCターフとGⅠで好走続きの疲労度、さらに今回はマークを一身に受ける。配当とてんびんにかければ、違う馬から狙う手は十分。◎はワンフットインヘヴンだ。

 秋初戦のフォワ賞が④着も、キ甲に違和感があってレース後に治療も。つまり凱旋門賞は病み上がりの一戦だったが、最後方追走から差し込んで⑥着。負けても素質を再認識できた。

 前走のコンセイユドパリ賞は格下相手のVで、ここへ向けて余力たっぷり。レースの重心が前に掛かれば直線で一気に決めるだけの脚はある馬。強気に狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事