日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港スプリント】本紙・武田 ◎ラッキーバブルズ

 レーティング「119」で並んでいるエアロヴェロシティ、ラッキーバブルズ、ペニアフォビアが地元のトップ3を形成。日本馬も春秋のGⅠ馬2頭の強力布陣だが、ここは地の利を重視した。

 ◎ラッキーバブルズ。今年春から上昇してきた一頭だ。前走は人気薄だったノットリスニントゥーミーをとらえそこねたものの、2走前のプレミアボウルは59・5キロを背負っての勝利。ここで香港短距離界のエースにノシ上がる。

 日本馬2頭では意外性があるレッドファルクスを上位に取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事