• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【香港スプリント】新谷 アメージングキッズ好配当を呼ぶ

 混戦ムードで力量差が少ない香港スプリント。ここは騎手の腕も見込んでモレイラのアメージングキッズで勝負だ。

 ビッグタイトルこそないものの、今年はラッキーバブルズにはスプリントCとプレミアボウルで、ペニアフォビアにはシャティンヴァーズでそれぞれ②着。レーティング上位馬と張り合えているようにGⅠで勝ち負けできる力はつけている。

 ジョッキークラブスプリントは⑤着。しかし、4角はインもつかずに外を回り、かわされて以降は鞍上も無理をしなかった。いかにも本番へ向けたトライアル的な走りだから割引がいる。

 そのモレイラとのコンビは通算9戦目で、GⅠ挑戦は初めて。今度は香港の名手がロスのない勝負乗りでベストタイミングから抜け出してくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る