• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港マイル】本紙・武田 ネオリアリズム新王者

 昨年のこのレース、今春のチャンピオンズマイルは日本のモーリスが連勝。つまり、今の香港のこの路線は“絶対的なエース不在”ということ。

 ◎は日本のネオリアリズム。札幌記念では道悪が味方したとはいえ、同厩のモーリスに勝利。それで一気に株を上げただけでなく、前走のマイルCSでは初の忙しい競馬を克服して③着に好走している。

 しかも、3カ月ぶりの実戦、ミッキーアイルのハイペースを2番手で追い掛ける展開、ゴール前でそのミッキーに寄られる不利を克服してのものだけに価値は大きい。

 札幌と似ているといわれる香港の芝。ネオは札幌で3戦3勝だから、舞台もピッタリとみた。

 強敵は地元のエイブルフレンド。前哨戦を制したビューティーオンリーが▲。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る