武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港マイル】本紙・武田 ネオリアリズム新王者

公開日:

 昨年のこのレース、今春のチャンピオンズマイルは日本のモーリスが連勝。つまり、今の香港のこの路線は“絶対的なエース不在”ということ。

 ◎は日本のネオリアリズム。札幌記念では道悪が味方したとはいえ、同厩のモーリスに勝利。それで一気に株を上げただけでなく、前走のマイルCSでは初の忙しい競馬を克服して③着に好走している。

 しかも、3カ月ぶりの実戦、ミッキーアイルのハイペースを2番手で追い掛ける展開、ゴール前でそのミッキーに寄られる不利を克服してのものだけに価値は大きい。

 札幌と似ているといわれる香港の芝。ネオは札幌で3戦3勝だから、舞台もピッタリとみた。

 強敵は地元のエイブルフレンド。前哨戦を制したビューティーオンリーが▲。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る