• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【香港カップ】本紙・武田 エイシンヒカリ昨年の再現

 ともにここがラストランとなるエイシンヒカリとモーリス。天皇賞・秋では1秒3もの差をつけてモーリスが圧勝したが、コース替わりの今回はエイシン本命といく。

 前回はかなりイレ込みがきつく、スピードの乗りが悪かった。慣れた競馬場だとうるさくなるタイプで、この馬の典型的なダメなパターンになってしまった。

 だが、香港は昨年のこのレース以来、2度目。落ち着いてさえいれば、あの逃走劇の再現が期待できる。典型的な「頭あってヒモなし」だけに、単勝も妙味ありだ。

 もちろん、モーリスが大本線。人気サイドでも馬単の①⇔②を厚く。3連単は2頭を①②着に固定したい。

 以下、香港で②着があるステファノス、力をつけてきたクイーンズリング。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る