• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪神ジュベナイルF】レース後の談話

①着ソウルスターリング(ルメール騎手) 強かったです。お母さんに乗ってフランスのオークスを勝ったことがある。お父さんのフランケルもチャンピオンホース。自信がありました。いいポジションを取れて、直線も楽に先頭に立てた。跳びが大きく、いいペースで走れる。スタミナもあるのでもう少し長くてもいけます。来年が楽しみ。

②着リスグラシュー(戸崎騎手) きょうはゲートがねえ。待たされてる間にガタガタして、その時にスタートを切られてしまった。それでも厳しい競馬の中で、最後はしっかりと脚を使って伸びてくれてる。やっぱり走る馬だし、今後が楽しみです。

③着レーヌミノル(蛯名騎手) 初めて馬の後ろにつけたので戸惑うような感じはあったけど、総体的に見ればいい競馬はしてると思うよ。折り合いは大丈夫だったし、最後も伸びてるからね。これが今後へのいい経験になるんじゃないかな。

④着ディーパワンサ(シュタルケ騎手) 前のルメールが持ったままだったし、あの馬を負かそうと思えば先にステッキを入れるわけにもいかないからね。我慢して直線に向いたけど、スパッと切れる瞬間がなかった。でも、リラックスして、一生懸命に走ってくれる。そこはいいところだよ。

⑤着ヴゼットジョリー(和田騎手) 外から行ってくれると期待していたんだけどね。馬の後ろにつけたら折り合いはついたけど、行きたがって。その分、はじけ切れなかった感じ。これが実力じゃないよ。

⑦着サトノアリシア(池添騎手) スタートを出てくれなかったですね。リスグラシューを目標に競馬したけど、追うごとにアタマが高くなって。まだ課題がありますね。

⑪着ジューヌエコール(バルザローナ騎手) 行きたがる面はそれなりにカバーはできたと思う。ただ、直線でレーヌミノルと接触した時にバランスを崩して、ハミをかけ直すロスがあった。それにスピードが勝ってるので距離も千二~千四の方がいいと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る