【朝日杯フューチュリティS】1番人気ミスエルテ自滅の④着

公開日:

これまでで最もテンションが高かった」

 単勝2・4倍の1番人気に推されたミスエルテは④着に敗れた。

 木曜発表の段階で前走比マイナス6キロだった馬体重はマイナス4キロに回復。この段階で懸念材料はひとつ払拭されたと思いきや、川田、池江師ともに「これまでで一番テンションが高かった」と口を揃えた。つまり、競馬に行く前にすでにかなり消耗していたということだ。

 また、前走のファンタジーSの時と芝の状態が大きく異なっていたのも影響したか。

 秋の京都は軽さが要求されるが、先週の阪神はかなり芝が掘れてパワーを要するコンディションに。スタートをちゃんと出てしまった(?)こともあって道中は6番手あたりで、脚をためる場面もなかった。

 父フランケルという血統、派手な勝ちっぷりが結果的に“過大評価”された感は否めないが、これが実力ではないはず。

 今後、休養してリフレッシュし、精神的に落ち着きを取り戻せるはず。また、あくまでも今回は牡馬に果敢に挑戦してのものだし、牝馬同士なら変わってこよう。

④着ミスエルテ(川田騎手) スムーズな競馬ができたし、馬は頑張ってくれてる。ただ、競馬前のテンションがすごく高い。使うごとに我慢ができなくなってますから。それに力のいる馬場も苦しかった。あらためて、スピードが出る軽い馬場がいいと思いました。

(池江調教師) きょうは今までで一番テンションが高く、競馬前に体力を消耗してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る