【朝日杯フューチュリティS】レース後の談話

公開日:

①着サトノアレス(四位騎手) 先生からしまいはいい脚を使うと聞いてたからね。全くのテン乗りだったけど、その脚を生かすようにじっくり運ぼうと。道中の追走には余裕があったし、直線に向いた時の手応えもすごく良かった。本当にいい切れを持ってる。もちろん、来年は大きいところを狙える馬だよ。

②着モンドキャンノ(バルザローナ騎手) 前半に少し行きたがったぐらいで折り合いはつきました。勝負どころで内へ行き場がなくて、外へ切り替える形。よく伸びていたんですが、直線で勝ち馬が徐々に外へヨレてきたのが……。あれがなかったら、と思います。

③着ボンセルヴィーソ(松山騎手) ハナは考えてなかったけど、スタートが速かったし、他馬が行きそうになかったので逃げに切り替えました。いいペースでうまく運べたし、最後までよく頑張ってくれました。力をつけていますね。

⑤着トラスト(柴田大騎手) スタートが速すぎて、馬の後ろに潜り込めなかったです。前走と同じで逃げ馬の外へ付ける形でしたが、力みっぱなしだった前走と違って折り合い良く運べました。返し馬、輪乗りの時も落ち着いていたし、馬はかなり良くなっていますよ。

⑥着トリリオネア(松田騎手) 最後まで頑張って伸びてくれました。本当にいい馬だし、能力もすごくありますよ。

⑦着クリアザトラック(M・デムーロ騎手) レース前は落ち着いてたけど、3角でペースが遅くなった時に我慢が利かなかった。残念です。

⑧着レッドアンシェル(シュミノー騎手) パドックで立ち上がったりしてかなりエキサイトしていたけど、レースは乗りやすかったよ。ただ、3角で他馬と接触してリズムを崩してしまって……。

⑭着タガノアシュラ(武豊騎手) うまく折り合いはついたのに最後は全く伸びなかった。こんなデコボコした馬場は嫌なのかなあ。そんな感じの走りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る