【有馬記念】キタサンブラック モヤの中でも予定の追い切り消化

公開日: 更新日:

 ジャパンCを快勝した後は厩舎で調整。「ダメージの回復は早かった」(清水久師)とのことで中間も順調に乗り込まれてきた。

 先週水曜はCウッドで6F86秒0―40秒4と時計は地味だったが、併せ馬を消化。そして、土曜にも長めから併せて、けさの最終追い切りへ。

 朝一番に馬場入りした時は確認できたが、道中は完全にモヤの中。とはいえ、ゴール前は内からきっちりと頭先着したのは分かった。

 手綱を取った黒岩は、「6F85秒くらいの予定。最初の1Fを15秒半くらいで入ったから、おそらくそれくらい。1Fの反応も良かったです。上がっていたテンションも先週から落ち着いて、〝らしさ〟が戻っています」ときっぱり。

 去年は③着。その時との比較を聞かれると、「あの時はちょっと疲れも。今年の方が状態には自信あります」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  5. 5

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  6. 6

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  7. 7

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  8. 8

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  9. 9

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  10. 10

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

もっと見る