【有馬記念】ラッキーナンバーは穴馬

公開日: 更新日:

④ヤマカツエース、⑦マルターズアポジー

 過去30年間で最多4勝を挙げているラッキーナンバーは「4」と「7」だ。

「4」の勝ち馬は93年トウカイテイオー、01年マンハッタンカフェ、06年ディープインパクト、14年ジェンティルドンナと名馬がズラリと名を連ねる。

 ただし、馬券絡みには大穴も。96年は最低14番人気マイネルブリッジが③着に粘り抜いた。

「7」は87年メジロデュレン、99年グラスワンダー、00年テイエムオペラオー、15年ゴールドアクター。メジロは10番人気でゴールドは8番人気での大駆けである。

 これに続くのが3勝の1、6、10番。そして、やはりといおうか、外枠は苦戦。14番から外の勝利は97年シルクジャスティス(14番)と89年イナリワン(15番)だけ。16番からは出ていない。

 今年、「4」を引いたのはヤマカツエース。

 主戦の池添が「今年、この馬で(中山)金杯と金鯱賞を勝った」ということで“金”につながる「G」のボールが好枠ゲットにつながった。

「7」はイの一番にステージに上がったマルターズアポジー。藤田在子オーナーのイニシャル「F」のボールを選び、番号を見た瞬間、武士沢はにっこり。展開のカギを握る馬だけに、ラッキーセブンを引き当てた勢いは見逃せない。

 注目の伏兵2頭、ヤマカツは橘記者の鬼穴、マルターズは木津記者の狙い馬。橘の渾身予想はあす、木津が武士沢に直撃はあさって、お届けします。乞う、ご期待!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る