【有馬記念】ジャパンC馬VS菊花賞馬 9回目の対決

公開日: 更新日:

 ジャパンC馬キタサンブラックVS菊花賞馬サトノダイヤモンド。これは新旧菊花賞馬対決でもある。

 ジャパンCが創設されたのは81年で今年は36回目。過去35年間の有馬記念で、その年のJC馬と菊花賞馬の対決は意外に少なく8回だ。

 最初は84年。初めてJCを勝った日本馬カツラギエースと、無敗で3冠を制したシンボリルドルフ。1番人気のルドルフが3番人気カツラギに2馬身差をつけた。

 翌85年も実現。JC馬となったルドルフと菊花賞馬ミホシンザンが激突し、ルドルフが勝利。枠連配当160円のガッチガチ決着だった。

 ただし、2頭で決まったのはここまで。その後は以下の通り(JC、菊花賞の順)。

◇92年
トウカイテイオー ⑪1人
ライスシャワー  ⑧2人

◇93年
レガシーワールド ⑤2人
ビワハヤヒデ   ②1人

◇99年
スペシャルウィーク②2人
ナリタトップロード⑦4人

◇03年
タップダンスシチー⑧2人
ザッツザプレンティ⑪5人

◇04年
ゼンノロブロイ  ①1人
デルタブルース  ⑤4人

◇11年
ブエナビスタ   ⑦2人
オルフェーヴル  ①1人

“両雄並び立たず”となっている。
 なお、3、4歳の菊花賞馬対決は過去35回で8回。3歳が6回先着(2勝)と先輩をリード。こちらはイキのいい3歳優勢の結果だ。果たして、今年は!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る