• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【有馬記念】古馬制圧サトノダイヤモンド

勝負強さ増したルメール渾身のエスコート

 年末最後の大一番、有馬記念は3歳馬サトノダイヤモンドがV。1番人気に応えて2つ目のGⅠタイトルを掴んだ。

 インで粘りに粘るキタサンブラック、ゴールドアクターをゴール前できっちり差し切り。年長のGⅠ馬をねじ伏せたサトノも見事だが、エスコートしたルメールの騎乗も素晴らしかった。

 日曜の中山芝はインを通った馬の好走が多く、ルメール自身も5R新馬では勝ち馬に逃げ切られて②着。同じ二千五百メートルのグッドラックH②着もインから差し返されたもの。直前のホープフルSは勝ったとはいえ、②着馬は内を突いていた。

 そんな馬場コンディションで迎えた有馬記念。最大のライバルだったキタサンブラックには先行力という武器がある。早めに射程圏に入れておかないとノーチャンスなことは、ルメールだって百も承知だ。

 1周目のスタンド前は7、8番手だったが、ペースが緩んだ1コーナー過ぎにスッとポジションアップ。向正面ではキタサンを1馬身後ろでマークする位置に。

「1コーナーで追い上げた時にやや(ハミを)噛んだけど、うまくなだめてくれた」(池江師)

 長距離戦の道中で動きながら折り合いをコントロールする技術は、さすがのひと言。ここをクリアできたことで、勝利への道が一気に開けた。


 JRAに移籍した昨年はGⅠ1勝だったルメール。“同期”のM・デムーロに比べると大レースでは物足りない感じもあった。

 それが、今年はGⅠ4勝。特に秋は菊花賞以降で3勝と勝負強さに磨きがかかり、オーラスもホープフルS→有馬記念と連勝だ。

 凱旋門賞を目指すサトノダイヤモンドはもちろん、来年は人馬ともにますます目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る