【有馬記念】古馬制圧サトノダイヤモンド

公開日: 更新日:

勝負強さ増したルメール渾身のエスコート

 年末最後の大一番、有馬記念は3歳馬サトノダイヤモンドがV。1番人気に応えて2つ目のGⅠタイトルを掴んだ。

 インで粘りに粘るキタサンブラック、ゴールドアクターをゴール前できっちり差し切り。年長のGⅠ馬をねじ伏せたサトノも見事だが、エスコートしたルメールの騎乗も素晴らしかった。

 日曜の中山芝はインを通った馬の好走が多く、ルメール自身も5R新馬では勝ち馬に逃げ切られて②着。同じ二千五百メートルのグッドラックH②着もインから差し返されたもの。直前のホープフルSは勝ったとはいえ、②着馬は内を突いていた。

 そんな馬場コンディションで迎えた有馬記念。最大のライバルだったキタサンブラックには先行力という武器がある。早めに射程圏に入れておかないとノーチャンスなことは、ルメールだって百も承知だ。

 1周目のスタンド前は7、8番手だったが、ペースが緩んだ1コーナー過ぎにスッとポジションアップ。向正面ではキタサンを1馬身後ろでマークする位置に。

「1コーナーで追い上げた時にやや(ハミを)噛んだけど、うまくなだめてくれた」(池江師)

 長距離戦の道中で動きながら折り合いをコントロールする技術は、さすがのひと言。ここをクリアできたことで、勝利への道が一気に開けた。


 JRAに移籍した昨年はGⅠ1勝だったルメール。“同期”のM・デムーロに比べると大レースでは物足りない感じもあった。

 それが、今年はGⅠ4勝。特に秋は菊花賞以降で3勝と勝負強さに磨きがかかり、オーラスもホープフルS→有馬記念と連勝だ。

 凱旋門賞を目指すサトノダイヤモンドはもちろん、来年は人馬ともにますます目が離せない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る