【有馬記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) すごくうれしい。スタンド前では外だったのでポジションを上げて、キタサンの隣を取りました。直線まで少し息を入れてから、もう一度伸びました。スーパーホースになりましたね。頭が良くてスタミナもある。いいポジションが取れるので、凱旋門賞もいけると思います。

(池江調教師) うまく乗ってくれました。まだ背腰に緩さが残っているので、一本芯が入れば、もうひとつふたつギアが備わって完成すると思います。

(里見治オーナー) ダービーで負けて落鉄したと聞いた時は“馬運がないのかな”と。でも、菊花賞からツキがありましたね。こんな短期間でGⅠ3勝なんて夢にも思ってませんでした。凱旋門賞は行きたい。ただ、春は大阪杯や天皇賞もあるので、慌てなくてもいいですよ。

②着キタサンブラック(武豊騎手) 勝ちたかった。状態は本当に良かったし、最後もいいタイミングで差し返してくれたんだけどね。位置取りも想定通りだったし。いい締めくくりにしたかっただけに、残念だったよ。

③着ゴールドアクター
(吉田隼騎手) ロスなくイメージ通りに乗れました。4コーナーでは勝てると思ったんですが、追ってからが昨年のようなグンという感じがなかったです。こっちも伸びてはいるんですが、キタサンはさらに伸びて。差せず、差されるという形に。手応えはあったんですが……。

④着ヤマカツエース(池添騎手) 状態がすごく良かったですね。返し馬から感じ取れました。この枠(4番)を最大限生かすようにロスなく立ち回りました。最後、真ん中を突こうと思ったんですが、両サイドが閉じてきたので内へ。あそこがスムーズだったら、上位3頭にもうちょっと迫れたと思いますよ。

⑤着ミッキークイーン
(浜中騎手) 牡馬の一線級に交じって⑤着。よく頑張ってくれたと思いますよ。

⑥着シュヴァルグラン
(福永騎手) 目いっぱいつくってきたので、コンディションは良かったです。外枠でも五分にスタートが切れて、サトノダイヤモンドを見ながら悪くない位置。ただ、思っていたほど流れなくて。前や内が残る馬場だったので、3コーナーからロングスパートを。最後までよく食らいついてくれたんですけどね。

⑦着アルバート(戸崎騎手) 外枠の分ですね。内に入れてからはリズム良く走ってくれたんですが、ラストはジワジワになってしまいました。

⑧着サウンズオブアース(M・デムーロ騎手) 4コーナーまではすごくいい手応え。“勝てるかな”って感じだったけど坂で止まった。この前、頑張りすぎたかな。

⑨着デニムアンドルビー(バルザローナ騎手) 後ろでためる形は取れたけどね。3~4コーナーで内から来る馬がいて、そこで脚を使った分、止まっちゃったね。

⑩着マリアライト(蛯名騎手) 返し馬から少し内へモタれていた。勝負どころからも内へ行ってしまって、押し込められて外へ出せなかったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る