【有馬記念】アラカルト

公開日: 更新日:

●…サトノダイヤモンドは菊花賞に続いてGⅠ2勝目。3歳の菊花賞馬が有馬記念を制したのは12年ゴールドシップ以来、4年ぶり8頭目だ。

●…鞍上のルメールはNHKマイルC=メジャーエンブレム、菊花賞=サトノダイヤモンド、阪神JF=ソウルスターリングに続くGⅠ4勝目。有馬記念は05年ハーツクライ以来2回目となった。
 また、管理する池江師は菊花賞のサトノダイヤモンドに続く今年GⅠ2勝目。有馬記念は13年オルフェーヴル以来4勝目で、歴代最多となった。

●…ディープインパクト産駒は14年のジェンティルドンナに続き2勝目。JRA重賞はこれで今年38勝となり、ディープの父サンデーサイレンス産駒が03年に挙げた数字に並んだ。

●…②着に2番人気キタサンブラック、③着は3番人気ゴールドアクターで1→2→3番人気の順で決着。これは77年(①着テンポイント、②着トウショウボーイ、③着グリーングラス)以来39年ぶり2度目のこと。

●…馬主の里見治氏は今年の国内外GⅠ4勝目。サトノダイヤモンドの菊花賞が馬主デビューから24年目でうれしい初タイトル。その後は香港ヴァーズ=サトノクラウン、朝日杯FS=サトノアレス。そして、きのうの有馬記念と3週連続でのGⅠ制覇となった。

●…リオ五輪が行われた16年は1番人気サトノダイヤモンドがV。これで夏季オリンピックが行われた年の有馬記念では、96年のアトランタ大会から1番人気が6連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る