【京成杯】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着コマノインパルス(田辺騎手) この前がフロックじゃないことを証明できて良かった。ポジションを取れれば前めでもと思ってましたが、ダッシュがつかなかったのでリズムを守ってあの位置から。ここ2週、強めの調教でカリカリしてたのがレースで悪い影響がなければ、と感じてたんですよ。でも、何とか最小限で収まってくれました。ペースが遅かったので、早めに前を射程圏に入れるように動いていきました。最後は外から来てましたが、しのげる手応えでしたよ。

②着ガンサリュート(北村友騎手) ゲート裏でスイッチが入ったけど、ギリギリまで我慢が利きました。調教の段階からゆったり走れるようになってたし、4角でも理想的。ただ、勝った馬がしぶとかったです。でも、ボクの馬ももっと瞬発力が出てきそうですよ。

③着マイネルスフェーン(柴田大騎手) ハミを替えて収まりが良く、上手な競馬ができました。ただ、あのスローで内枠でしたから。脚は使ってくれたんですが……。それでも充実してるのは確かだし、広い東京コースの方がいいですよ。

④着ジュニエーブル(吉田豊騎手) ゲートはあんな感じで後ろから。直線でゴチャついて、下げてそこからですからね。もう少しうまくさばけていれば……。

⑤着アサギリジョー(石川騎手) ハナのつもりでしたが、二の脚で進んで行かなくて。中団からでも結果的には良かったです。3~4角では“オッ”て思わせるところがありましたよ。

⑥着バリングラ(石橋騎手) まだ競馬に集中し切れてないので、スタート後も気を抜かさないようにしてました。能力はあるので、競馬を覚えていってくれれば。

⑦着サンティール(内田騎手) 最後はきてるんだけどね。力はありそうだし、徐々に良くなってきそうだよ。

⑩着ポポカテペトル(戸崎騎手) 乗りやすくていい馬でした。ただ、追い出してからちょっとモタついてしまいました。

⑪着ベストリゾート(北村宏騎手) 前の位置を取りに行ったんですが、スローで少し掛かってしまって。その分、最後は止まってしまいました。

⑮着イブキ(柴田善騎手) 芯が入り切ってない。バラけた走りでトモが入ってこなかった。はじけるところがなかったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る