• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アメリカJCC】タンタアレグリア2馬身先着

走る気を前面に出していた(右)(C)日刊ゲンダイ

8カ月半ぶりも問題なし

 春の天皇賞④着以来となる8カ月半ぶりの実戦に向けて、順調な動きを見せた。昨秋に復帰予定も、脚部不安などがあり、無理せずに静養。美浦には12月14日に戻ってきた。コースでじっくりと乗り込まれ、1週前追い切りはウッドで5F67秒3―38秒2。併走馬に2馬身先着と上々の動きを見せた。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事