日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【アメリカJCC】レース後の談話

①着タンタアレグリア(蛯名騎手) こういう形がいいな、と思っていたレース展開になった珍しいケースだね。内がずっとあいていたので、そこを走れたし、4コーナーでの手応えもあったので追い出しを待ってたぐらい。だから伸びると思っていたよ。ずっと大事に使ってきた馬。これまでの休みを取り戻すように頑張っていきたいね。

②着ゼーヴィント(戸崎騎手) 以前よりも落ち着きがあったし、馬は良くなってましたよ。きょうは勝ち馬にうまく乗られてしまった感じもあります。力をつけてきていると思うし、いい走りでしたよ。

③着ミライヘノツバサ(内田騎手) 切れ味勝負では分が悪いと思ってたので、自分から動いて行く競馬をしたよ。ラストまでよく頑張っているよ。

④着ルミナスウォリアー(柴山騎手) 瞬発力で勝負するタイプじゃないんで、リズム重視で運んだよ。勝負どころはちょっと外を回りすぎた気もするけど……。ラストは余力がなかったね。

⑤着ワンアンドオンリー(田辺騎手) ポジションを取りたい馬が多かったんで後ろからに。内から勝ち馬の後ろをうまくついて回ることができたね。ワンペースで、流れ込んだだけともいえるけど、近走のようにたれる感じはなかった。頑張っていると思います。

⑥着ナスノセイカン(丸山騎手) 古馬になってからは初の重賞。そこで直線で不利がありながらも⑥着ですからね。ええ、スムーズなら際どい勝負になっていたと思いますよ。力をつけた今なら右回りも大丈夫です。

⑦着シルクドリーマー(津村騎手) 4角までは手応え十分で回ってこれましたね。直線もいったんは狭くなったのに、ラストまで頑張ってくれました。重賞でもやれる力はありますよ。

⑬着リアファル(シュミノ―騎手) 勝負どころでは急にエンジンが切れるように反応がなくなってしまった。ポジションを取りに行くまでに少し掛かったけど、その後は折り合ってスムーズに運べていただけに、なぜだか分からないね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事