• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東海S】4歳グレンツェント勝利の持つ意味

あのホッコータルマエでも……

 中京で行われたダートのGⅡ東海Sはグレンツェントがあっさり抜け出して、重賞2勝目を飾った。

 道中は中団の外めで、もまれないポジション取り。スローで位置取りとしては展開利のない中、勝負どころから自力で進出し、ゴール前で「余裕があった」と横山典が話したように危なげのない勝利だった。形としては1番人気らしい主役の取り口。グレンツェントの強さだけが目立ったレースでもあった。

 この馬は明け4歳。世代レベルの高さは「芝だけでなく、ダートでも」をさらに証明したということになるか。

 かつて東海Sは5月に行われていたが、13年にリニューアルしてこの時季に変更。GⅠフェブラリーSのステップレースという位置付けになっている。そのため、GⅠを目指す実績あるベテランの出走が多く、4歳馬は苦戦傾向に。13年以降は勝ち馬どころか、連対馬すらなかった。

 一昨年、オープン勝ちや、みやこS②着があったランウェイワルツは歯が立たず、14年はレパードS②着馬サトノプリンシパルが⑤着止まり。さらに13年はのちに地方交流を含めてGⅠを10勝したあのホッコータルマエでさえ、③着が精いっぱいだった。

 ところがグレンツェントはダート重賞勝ちのある古馬6頭を撃破したのだから、この勝利の意義は大きい。ちなみに、前記ホッコーは、その直後から連勝街道を続けて、4歳春はかしわ記念、帝王賞とGⅠをブッコ抜いていった。

 この後は「体調を見つつ、(フェブラリーSを)視野に入れて考えます」と加藤征師。まだ、先は流動的だが、グレンツェントにとってのシーズンが前途洋々になったことだけは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る