日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東海S】レース後の談話

①着グレンツェント(横山典騎手) 1角でゴチャついた時はヒヤッとしたけど、その後は自由自在に。着差はわずかでも余裕はあったし、頑張ってくれました。初めてレースで乗ったけど、調教とはまた違うね。オンとオフの切り替えができてるし、賢い馬です。まだまだ伸びシロがあるし、順調にいってほしい。

②着モルトベーネ(秋山騎手) 調教の感触が良かったし、一発狙ってたんです。ペースが遅くて1、2角は少しハミを噛むところはあったけど、その後はイメージ通りに運べた。一瞬はやったと思ったんだけど……。ホント、悔しい。

③着メイショウウタゲ(幸騎手) 直線でスペースがあいて突っ込んでいけたんですが、そこで狭くなって……。手綱を引っ張るところがありましたから。立て直してからあそこまで来てるんですから、スムーズだったら、もう少し迫れたと思います。

④着ショウナンアポロン(丸田騎手) スタート次第でハナに行ければいいかな、と考えていました。マイペースで運べたし、最後もよく頑張ってくれています。

⑤着カゼノコ(太宰騎手) 流れが遅い中、外を回らされる形でしたが、よく伸びています。もともと力がある馬ですからね。もう少しペースが上がってくれていればよかったんですけど。

⑥着ピオネロ(川須騎手) ペースが遅かったし、人気の馬は後ろ。いいポジションに入れたし、本来の力からすると、前はかわせると思っていたんですが……。初めて乗せてもらったので比較はできませんが、休み明けの分でしょうか。

⑧着アスカノロマン(和田騎手) 状態は変わりなく良かったと思う。ただ、スタートから行き脚がつかなかったし、切れ味勝負はあまり良くないのかも。

⑫着インカンテーション(藤岡康騎手) 調教でハードにやっていたし、少しテンションが高かったですね。ゲートがあく直前でガタガタしてしまって。考えていたより位置が後ろになってしまって、最後も反応が鈍かったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事