• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東海S】レース後の談話

①着グレンツェント(横山典騎手) 1角でゴチャついた時はヒヤッとしたけど、その後は自由自在に。着差はわずかでも余裕はあったし、頑張ってくれました。初めてレースで乗ったけど、調教とはまた違うね。オンとオフの切り替えができてるし、賢い馬です。まだまだ伸びシロがあるし、順調にいってほしい。

②着モルトベーネ(秋山騎手) 調教の感触が良かったし、一発狙ってたんです。ペースが遅くて1、2角は少しハミを噛むところはあったけど、その後はイメージ通りに運べた。一瞬はやったと思ったんだけど……。ホント、悔しい。

③着メイショウウタゲ(幸騎手) 直線でスペースがあいて突っ込んでいけたんですが、そこで狭くなって……。手綱を引っ張るところがありましたから。立て直してからあそこまで来てるんですから、スムーズだったら、もう少し迫れたと思います。

④着ショウナンアポロン(丸田騎手) スタート次第でハナに行ければいいかな、と考えていました。マイペースで運べたし、最後もよく頑張ってくれています。

⑤着カゼノコ(太宰騎手) 流れが遅い中、外を回らされる形でしたが、よく伸びています。もともと力がある馬ですからね。もう少しペースが上がってくれていればよかったんですけど。

⑥着ピオネロ(川須騎手) ペースが遅かったし、人気の馬は後ろ。いいポジションに入れたし、本来の力からすると、前はかわせると思っていたんですが……。初めて乗せてもらったので比較はできませんが、休み明けの分でしょうか。

⑧着アスカノロマン(和田騎手) 状態は変わりなく良かったと思う。ただ、スタートから行き脚がつかなかったし、切れ味勝負はあまり良くないのかも。

⑫着インカンテーション(藤岡康騎手) 調教でハードにやっていたし、少しテンションが高かったですね。ゲートがあく直前でガタガタしてしまって。考えていたより位置が後ろになってしまって、最後も反応が鈍かったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る