• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東海S】レース後の談話

①着グレンツェント(横山典騎手) 1角でゴチャついた時はヒヤッとしたけど、その後は自由自在に。着差はわずかでも余裕はあったし、頑張ってくれました。初めてレースで乗ったけど、調教とはまた違うね。オンとオフの切り替えができてるし、賢い馬です。まだまだ伸びシロがあるし、順調にいってほしい。

②着モルトベーネ(秋山騎手) 調教の感触が良かったし、一発狙ってたんです。ペースが遅くて1、2角は少しハミを噛むところはあったけど、その後はイメージ通りに運べた。一瞬はやったと思ったんだけど……。ホント、悔しい。

③着メイショウウタゲ(幸騎手) 直線でスペースがあいて突っ込んでいけたんですが、そこで狭くなって……。手綱を引っ張るところがありましたから。立て直してからあそこまで来てるんですから、スムーズだったら、もう少し迫れたと思います。

④着ショウナンアポロン(丸田騎手) スタート次第でハナに行ければいいかな、と考えていました。マイペースで運べたし、最後もよく頑張ってくれています。

⑤着カゼノコ(太宰騎手) 流れが遅い中、外を回らされる形でしたが、よく伸びています。もともと力がある馬ですからね。もう少しペースが上がってくれていればよかったんですけど。

⑥着ピオネロ(川須騎手) ペースが遅かったし、人気の馬は後ろ。いいポジションに入れたし、本来の力からすると、前はかわせると思っていたんですが……。初めて乗せてもらったので比較はできませんが、休み明けの分でしょうか。

⑧着アスカノロマン(和田騎手) 状態は変わりなく良かったと思う。ただ、スタートから行き脚がつかなかったし、切れ味勝負はあまり良くないのかも。

⑫着インカンテーション(藤岡康騎手) 調教でハードにやっていたし、少しテンションが高かったですね。ゲートがあく直前でガタガタしてしまって。考えていたより位置が後ろになってしまって、最後も反応が鈍かったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る