【根岸S】レース後の談話

公開日:

①着カフジテイク(福永騎手) もう少し前めで競馬をしようと思っていたけどね。スタートがイマイチだったし、行き脚もつかないので結果的にいつも通りの位置から。凄い脚を使ってきっちり差し切ってくれた。勝って賞金を加算できたので、胸を張っていけるね。本番は相手が強化されるし、斤量が重くなったりと課題は多いけど、楽しみの方が大きいよ。

②着ベストウォーリア(戸崎騎手) 久々でも仕上がっていました。年齢的な衰えもなかったです。うまくいったと思ったんですけどね。最後は切れ味のある馬にやられてしまいました。ただ、きょうは斤量の差もありましたから。

③着エイシンバッケン(岩田騎手) 落ち着いていて、力のあるところを見せてくれたんですけど……。直線で行くところ行くところが壁になってしまいました。

④着キングズガード(藤岡佑騎手) カフジテイクと同じ位置ではと思って内を選択しました。理想通りにいきましたが、左回りだとどうしても残り200メートルくらいから内にモタれてしまうので。

⑤着ニシケンモノノフ(庄野調教師) 一瞬、力むところはありましたが、その後はスムーズに流れに乗れました。左回りがどうかと思っていたんですが、ジョッキーは「全然問題ない」と。馬場はもう少し軽めの方がいいかもしれません。

⑥着モンドクラッセ(丸山騎手) 千四でもいいペースで行けました。直線半ばまで頑張ってくれたように、内容は良かったと思います。

⑦着ブライトライン(石川騎手) 3角で凄い勢いでハミを取ったんですが、その後、息が入った。最後までジリジリと伸びてきてくれました。

⑧着ラストダンサー(田辺騎手) 重賞の壁ですかね。自分のリズムで走れなかったです。

⑩着ラブバレット(山本聡騎手) 残せるかと一瞬、思いました。中央馬相手でも通用するスピードを見せてくれました。

⑪着ブルミラコロ(秋山騎手) ペースが速かった。慣れてくればもっと反応できると思います。

⑫着ベストマッチョ(ルメール騎手) 外枠で難しかった。砂をかぶって頭を上げる面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る