日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【根岸S】レース後の談話

①着カフジテイク(福永騎手) もう少し前めで競馬をしようと思っていたけどね。スタートがイマイチだったし、行き脚もつかないので結果的にいつも通りの位置から。凄い脚を使ってきっちり差し切ってくれた。勝って賞金を加算できたので、胸を張っていけるね。本番は相手が強化されるし、斤量が重くなったりと課題は多いけど、楽しみの方が大きいよ。

②着ベストウォーリア(戸崎騎手) 久々でも仕上がっていました。年齢的な衰えもなかったです。うまくいったと思ったんですけどね。最後は切れ味のある馬にやられてしまいました。ただ、きょうは斤量の差もありましたから。

③着エイシンバッケン(岩田騎手) 落ち着いていて、力のあるところを見せてくれたんですけど……。直線で行くところ行くところが壁になってしまいました。

④着キングズガード(藤岡佑騎手) カフジテイクと同じ位置ではと思って内を選択しました。理想通りにいきましたが、左回りだとどうしても残り200メートルくらいから内にモタれてしまうので。

⑤着ニシケンモノノフ(庄野調教師) 一瞬、力むところはありましたが、その後はスムーズに流れに乗れました。左回りがどうかと思っていたんですが、ジョッキーは「全然問題ない」と。馬場はもう少し軽めの方がいいかもしれません。

⑥着モンドクラッセ(丸山騎手) 千四でもいいペースで行けました。直線半ばまで頑張ってくれたように、内容は良かったと思います。

⑦着ブライトライン(石川騎手) 3角で凄い勢いでハミを取ったんですが、その後、息が入った。最後までジリジリと伸びてきてくれました。

⑧着ラストダンサー(田辺騎手) 重賞の壁ですかね。自分のリズムで走れなかったです。

⑩着ラブバレット(山本聡騎手) 残せるかと一瞬、思いました。中央馬相手でも通用するスピードを見せてくれました。

⑪着ブルミラコロ(秋山騎手) ペースが速かった。慣れてくればもっと反応できると思います。

⑫着ベストマッチョ(ルメール騎手) 外枠で難しかった。砂をかぶって頭を上げる面もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事