【シルクロードS】ダンスディレクター完全復活

公開日:

昨年の悔しさを晴らせるか

 京都の芝千二重賞、GⅢシルクロードSはダンスディレクターが連覇を決めた。

 その昨年は勝利後、当然、GⅠ高松宮記念を目指していたが、誤算は1週前追い切り後だった。深管を気にして歩様が乱れて回避することに。結局、秋に復帰するも、その後はなかなか結果が出ていなかった。

 それが暮れのGⅡ阪神Cから武豊へスイッチ。手も合って0秒1差④着と復活のきっかけを掴むと、このシルクロードSは楽々と脚を伸ばして差し切り、ゴール前は流す余裕まで。57・5キロを背負いながらラスト3F33秒1、勝ち時計は昨年より0秒1速い1分7秒8だ。

「いいスプリンターですね」

 そう褒めたのはレース後の武豊。鮮やかすぎるほどの勝ちっぷりで1年ぶりの勝利を飾った。

 完全復活を思わせたと同時に、戦前から骨っぽいとされていたセイウンコウセイ、ソルヴェイグら明け4歳世代を本番前にきっちり“たたいた”ことも大きい。

 スプリント路線で残る4歳勢といえばシュウジくらいで、古馬ではGⅠ2勝で昨年の最優秀短距離馬のミッキーアイルが引退。強敵はやはり昨年の両スプリントGⅠ馬、ビッグアーサー、レッドファルクスか。

 陣営によるとこの後はステップを挟まずに3月26日の本番へ直行する予定。ゲートインさえかなわなかった昨年の悔しさを晴らすシーンが期待できるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る