• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【シルクロードS】レース後の談話

①着ダンスディレクター(武豊騎手) 道中はいい感じで走れましたね。最後は伸びてくれる馬なので、直線にかけて道中はムダに動かず。いい瞬発力でした。この距離、京都は合っていますね。一瞬の脚はかなりいいものがある、いいスプリンター。連覇したので、まだまだ活躍してくれると思いますよ。

 笹田調教師 “下げすぎかな”と思ったけど、うまく内をさばいてくれた。様子次第になるけど、直行で高松宮記念に行こうと思っています。

②着セイウンコウセイ(松田騎手) 悔しいです。道中はハミを取っていいリズム。一瞬、“勝ったかな”と思ったくらい、道中の手応えが良かったんですが。これから先が楽しみですが、やっぱり悔しいです。

③着セカンドテーブル(水口騎手) ややネロに寄られる形であの位置からに。自分の競馬はできたんですが、何とか賞金を加算したかったですね。この競馬を続けていけば、重賞でもチャンスがあると思います。

④着ヒルノデイバロー(四位騎手) よく来ているんだけどね。今回は離されずに付いて行って脚質的に4角のさばきひとつ。どうしても外を回る展開になるから。いい伸びをしてくれたし、③着はあると思ったけど。

⑤着ラインスピリット(森一騎手) 馬場が荒れたところで進みが悪くなる面がありました。直線は伸びてくれているんですけど。速い馬がいるといい位置を取れないですね。開幕週のようなパンパン馬場の方が持ち味を生かせると思います。

⑥着ソルヴェイグ(M・デムーロ騎手) スタートがメッチャ速くてハナへ。ネロにプレッシャーをかけられたこともあって、直線はすぐに止まってしまった。

⑪着ネロ(浜中騎手) 速い馬がいて行けなかったですからね。4角あたりから手応えがなくなって……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る