日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【きさらぎ賞】天狗山ナマの声

サトノアーサー A
 先週はCウッドの3頭併せで楽々と最先着。けさは4F53秒7―38秒0、1F11秒4で半馬身先着した。持ったままでこの数字は速い。今週から復帰する川田は「順調にきているのが何より。けさはやりすぎないようにと我慢することの2つを考えて乗りました。相変わらず動きは素晴らしかった。集中していて、いい雰囲気。レースが楽しみになりますね」と明るい表情で話していた。

スズカメジャー B
 朝一番の坂路で単走追い。4F53秒6―11秒9をマーク。橋田師は「先週やっている(Cウッド6F80秒4―37秒7)んで、けさはラストだけ。そんなに速くは見えなかったけど、跳びが大きいから時計は出るのかな」とにこやかな表情で話した。「すごく柔らかくて背中の使い方が上手。瞬発力のある馬ですよ」。年明けのデビュー戦勝ちからの重賞Vに期待を込めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事