【東京新聞杯】ロイカバード陣営を直撃

公開日:

勢いに乗って重賞も

 2年前の東京新聞杯は松永幹厩舎のヴァンセンヌが初タイトルを獲得した。今年もロイカバードが同じく前走の準オープン・元町Sを差し切り、上昇ムードで挑戦する。果たして再現となるか。松永幹師を直撃した。





「一瞬の脚はいいものがある。それを生かして」(松永幹師)

――元町Sを振り返ってください。
松永幹調教師「道中はハミを噛んだり、直線では内へ行きたがったりして。それでも豊(武豊騎手)がうまく乗って、最後は33秒台の脚を使ってくれた。ゴール前は本当にいい伸び。やはり能力がありますね。3歳のうちにオープン馬になれて良かった(笑い)」

――中間はどのように。
「放牧でリフレッシュさせて、ここを目標にしてきました。年が明けてから戻って、坂路、コースを併用して順調にきていますよ。1週前には坂路で単走追い(4F54秒3―12秒6)」

――今週は併せ馬で4F52秒9―12秒8。1馬身ほど遅れました。
「前半から追いかけて行きましたからね。もともと時計の出るタイプじゃないから、これで十分でしょう。しっかりやれたのはいい。それに、今回からリングバミに替えたことで制御しやすくなっているみたい」

――舞台は東京マイルに替わります。
「条件は合っているんじゃないですか。去年の秋に勝っているし、次の⑥着は出遅れて流れに乗れなかったものですから」

――ヴァンセンヌも元町Sからこのレースを制しました。
「そう、全く同じローテーション。前走もそうだったように乗り難しいところのある馬ですが、ノリ(横山典騎手)はそんなタイプが上手。相手は強力。でも、一瞬の脚はいいものを持っている。それを生かして頑張ってほしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る