• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東京新聞杯】ロイカバード陣営を直撃

勢いに乗って重賞も

 2年前の東京新聞杯は松永幹厩舎のヴァンセンヌが初タイトルを獲得した。今年もロイカバードが同じく前走の準オープン・元町Sを差し切り、上昇ムードで挑戦する。果たして再現となるか。松永幹師を直撃した。





「一瞬の脚はいいものがある。それを生かして」(松永幹師)

――元町Sを振り返ってください。
松永幹調教師「道中はハミを噛んだり、直線では内へ行きたがったりして。それでも豊(武豊騎手)がうまく乗って、最後は33秒台の脚を使ってくれた。ゴール前は本当にいい伸び。やはり能力がありますね。3歳のうちにオープン馬になれて良かった(笑い)」

――中間はどのように。
「放牧でリフレッシュさせて、ここを目標にしてきました。年が明けてから戻って、坂路、コースを併用して順調にきていますよ。1週前には坂路で単走追い(4F54秒3―12秒6)」

――今週は併せ馬で4F52秒9―12秒8。1馬身ほど遅れました。
「前半から追いかけて行きましたからね。もともと時計の出るタイプじゃないから、これで十分でしょう。しっかりやれたのはいい。それに、今回からリングバミに替えたことで制御しやすくなっているみたい」

――舞台は東京マイルに替わります。
「条件は合っているんじゃないですか。去年の秋に勝っているし、次の⑥着は出遅れて流れに乗れなかったものですから」

――ヴァンセンヌも元町Sからこのレースを制しました。
「そう、全く同じローテーション。前走もそうだったように乗り難しいところのある馬ですが、ノリ(横山典騎手)はそんなタイプが上手。相手は強力。でも、一瞬の脚はいいものを持っている。それを生かして頑張ってほしいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る