• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅢきさらぎ賞】レース後の談話

①着アメリカズカップ(松若騎手) 前走は出負けしましたが、今回は好スタートを切って、うまく位置を取れました。馬場も悪いので早めに仕掛けていこうと。ええ、この馬は苦にせず、ノメることなくしっかりと走れましたね。まだ成長途上。今後が楽しみです。

②着サトノアーサー(川田騎手) スムーズに勝ち馬の直後で流れに乗れたんですが。(道悪は)得意でないとは思っていたので頑張ってくれてます。勝ち馬にも合う馬場でしたね。これがいい経験になればと思います。

③着ダンビュライト(ルメール騎手) とてもいい感じでした。流れに乗って、最後も脚を使ってくれました。距離が延びてもいいですね。まだ若い馬。もう少し良くなると思います。

④着プラチナヴォイス(和田騎手) 向正面から内にささる面がひどくて。直線でいったん真っすぐに戻せたけど、また内ラチへ寄っていって。それを直すのにブレーキをかけている感じ。出し切った感じがないね。

⑤着エスピリトゥオーゾ(四位騎手) 未勝利を勝ったばかりの身で重賞挑戦だからね。どれくらいやれるかなと。だから道中はじっくりと運んだんだ。最後はそれなりに伸びてくれてるし、よく頑張ってると思うよ。

⑦着タガノアシュラ(岩田騎手) ハナを切って自分の競馬をする気持ちで乗ったけど、こんな馬場を気にしたのかなあ。ハミが外れてるような感じで走りにくそうだったし、坂の下りでは急ブレーキをかけて進んで行かなかった。

競走中止スズカメジャー(福永騎手) 大外だし頭に入れておくべきだった。ホント、馬は非常に良かったのにね。もともと、気の悪い面があってゲートまではうまくいけたけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る