• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【GⅢきさらぎ賞】レース後の談話

①着アメリカズカップ(松若騎手) 前走は出負けしましたが、今回は好スタートを切って、うまく位置を取れました。馬場も悪いので早めに仕掛けていこうと。ええ、この馬は苦にせず、ノメることなくしっかりと走れましたね。まだ成長途上。今後が楽しみです。

②着サトノアーサー(川田騎手) スムーズに勝ち馬の直後で流れに乗れたんですが。(道悪は)得意でないとは思っていたので頑張ってくれてます。勝ち馬にも合う馬場でしたね。これがいい経験になればと思います。

③着ダンビュライト(ルメール騎手) とてもいい感じでした。流れに乗って、最後も脚を使ってくれました。距離が延びてもいいですね。まだ若い馬。もう少し良くなると思います。

④着プラチナヴォイス(和田騎手) 向正面から内にささる面がひどくて。直線でいったん真っすぐに戻せたけど、また内ラチへ寄っていって。それを直すのにブレーキをかけている感じ。出し切った感じがないね。

⑤着エスピリトゥオーゾ(四位騎手) 未勝利を勝ったばかりの身で重賞挑戦だからね。どれくらいやれるかなと。だから道中はじっくりと運んだんだ。最後はそれなりに伸びてくれてるし、よく頑張ってると思うよ。

⑦着タガノアシュラ(岩田騎手) ハナを切って自分の競馬をする気持ちで乗ったけど、こんな馬場を気にしたのかなあ。ハミが外れてるような感じで走りにくそうだったし、坂の下りでは急ブレーキをかけて進んで行かなかった。

競走中止スズカメジャー(福永騎手) 大外だし頭に入れておくべきだった。ホント、馬は非常に良かったのにね。もともと、気の悪い面があってゲートまではうまくいけたけど……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る