• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【京都記念】ムーアの参戦にミルコが燃えたサトノクラウン連覇

 京都で行われたGⅡ京都記念はM・デムーロ鞍上のサトノクラウンが昨年に続いての連覇をやってのけた。

 先週から短期免許で来日したムーアはマカヒキをはじめ、当然のように騎乗馬が揃って、ファンからの人気も集めた。これに触発されたのではないかもしれないが、日曜はムーア相手にまさにノリノリ!

 日曜の京都でこの2人が同時に騎乗したのは6鞍あった。ムーアの人気は211114人気。それが結果はどうだ。デムーロが4レースで先着を果たした。

 特に特別戦のおいしいところでは9Rこぶし賞はムーアのズアーをゴール前で競り落として③着に持ってくれば、10RアルデバランSはモルトベーネで勝利。そしてこの京都記念ではサトノクラウンで連覇と、特別戦はオール1番人気のムーアに全て先着してみせた。

 同じ外国人ジョッキーでも出稼ぎではなく、デムーロはJRAの所属。“日本は俺の庭!”ではないだろうが、JRAジョッキーとして燃えるものがあったのは間違いないだろう。

 その手腕があったうえにサトノクラウン自身も相当に力をつけている。

「緩かったトモが良くなって、イレ込みがあった昨年と違い、落ち着いていた」

 レース後のデムーロが“成長”を口にしたように、直線はマカヒキが並び掛けようとしてから、もうひと伸び。そこからゴールまで差は全く詰まらなかった。

 しかも、昨年より2キロ重い58キロでこのパフォーマンスだから、やっぱり暮れの香港ヴァーズ完勝はフロックでもなんでもないということだ。

 愛馬の走りを見届けた里見治オーナーは「陣営との相談になりますがドバイは行かない方向で。国内のGⅠを取りたいので大阪杯がターゲットになってくると思います」と。次の舞台がどこであれ、楽しみが増した勝利には違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る