【京都記念】レース後の談話

公開日:

①着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 自信を持って乗りました。スタートが決まり、いい位置を取れた。道中はずっといい手応え。去年はイレ込んだけど、今年は落ち着いていて全然違ったね。トモが緩かったところも良くなった。(直線)後ろから来られて怖かったけど、一生懸命に走ってくれた。次も頑張ります。

②着スマートレイアー(岩田騎手) いい位置でレースはできたけど、勝ち馬の前だったらどうなってたか。ま、それはタラレバだけどね。すっと動いてくれたし、いい瞬発力もある馬だよ。

③着マカヒキ(ムーア騎手) いいレースをしてくれています。道中はいい感じでラスト600メートルでは“いけるかな”と。ただ、いいペースで流れていたことと、馬場が緩かったこと。久々の分もありました。次は変わってくれるはずですよ。

友道調教師 レース前、ジョッキーに馬場を聞いたら「大丈夫」と。ただ、レース後は「ノメっていた」って(苦笑い)。悲観する内容ではなかったし、在厩調整で(大阪杯は)ルメール騎手でいきます。

④着ミッキーロケット(和田騎手) すいません、うまくゲートを出せませんでした。よじれて出てしまった。一番の脚は使っているけど、スタートでのロスが大きかった。3番手くらいで運ぶプランだったんですが。

⑥着ガリバルディ(川田騎手) 最近は千六ばかり使ってるからね。向正面でワンターンのコースに入ると加速しようとしてた。これが今後のいい経験になってくれれば。

⑦着ヤマカツライデン(池添騎手) 自分のレースはできたけど、きょうはメンバーが強かった。使いつつクラス慣れしてきて、少しでも力をつけていってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る