【京都記念】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着サトノクラウン(M・デムーロ騎手) 自信を持って乗りました。スタートが決まり、いい位置を取れた。道中はずっといい手応え。去年はイレ込んだけど、今年は落ち着いていて全然違ったね。トモが緩かったところも良くなった。(直線)後ろから来られて怖かったけど、一生懸命に走ってくれた。次も頑張ります。

②着スマートレイアー(岩田騎手) いい位置でレースはできたけど、勝ち馬の前だったらどうなってたか。ま、それはタラレバだけどね。すっと動いてくれたし、いい瞬発力もある馬だよ。

③着マカヒキ(ムーア騎手) いいレースをしてくれています。道中はいい感じでラスト600メートルでは“いけるかな”と。ただ、いいペースで流れていたことと、馬場が緩かったこと。久々の分もありました。次は変わってくれるはずですよ。

友道調教師 レース前、ジョッキーに馬場を聞いたら「大丈夫」と。ただ、レース後は「ノメっていた」って(苦笑い)。悲観する内容ではなかったし、在厩調整で(大阪杯は)ルメール騎手でいきます。

④着ミッキーロケット(和田騎手) すいません、うまくゲートを出せませんでした。よじれて出てしまった。一番の脚は使っているけど、スタートでのロスが大きかった。3番手くらいで運ぶプランだったんですが。

⑥着ガリバルディ(川田騎手) 最近は千六ばかり使ってるからね。向正面でワンターンのコースに入ると加速しようとしてた。これが今後のいい経験になってくれれば。

⑦着ヤマカツライデン(池添騎手) 自分のレースはできたけど、きょうはメンバーが強かった。使いつつクラス慣れしてきて、少しでも力をつけていってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る