• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【共同通信杯】レース後の談話

①着スワーヴリチャード(四位騎手) 強かったね。3戦ともゲートで遅れたけど、次は中山なので“ある程度の位置で”とトレーナーと話をしてたんだ。ちょっと遅れたけど促したらいいところにつけてくれたし、折り合いもついた。直線ではこないだの負けを踏まえて早く動かないように。順調に階段を上がっていってくれてるね。今のところ、課題はないよ。使うごとに良くなってくれてるからね。

②着エトルディーニュ(柴山騎手) 勝ち馬には馬なりでかわされたくらい。あの馬は強いですね。でも、よく頑張ってくれました。直線半ばでは逃げ馬もかわせないかという感じでしたが、ラストにもうひと伸び。いい根性してますよ。

③着ムーヴザワールド(戸崎騎手) 道中の感じ、行きっぷりは前走よりも良かったように思います。直線に向いても手応えは十分だったけど、いざ追ってからがジリジリでしたね。

④着タイセイスターリー(ルメール騎手) 距離が長すぎたと思います。道中は前めでリラックスして走れていましたが、ラストの100メートルで疲れてしまって。

⑤着ディアシューター(田辺騎手) 重賞のメンバーでそう離されずにきましたね。②着馬とはタイム差なしだし、頑張りましたよ。

⑥着エアウィンザー(武豊騎手) いつもと同じ感じだったね。この遅いペースでも道中はついて行くのが精いっぱい。直線も伸びそうで伸びなかったね。何か工夫が必要かな。

⑦着ビルズトレジャー(田中勝騎手) 直線は一瞬グッと伸びてくれたけど、本当に一瞬だけだったな。もうワンパンチが足りなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る