【フェブラリーS】ナンバー2の大逆襲

公開日:

 今年の重賞はとにかく1番人気がよく馬券になっている。これまで〈8341〉、③着内率・938は驚異的な数字だ。

 先週の3重賞はクイーンCのアドマイヤミヤビが勝ち、京都記念=マカヒキ、共同通信杯=ムーヴザワールドが③着。16鞍のうち、圏外に消えたのはシルクロードS=ネロ(⑪着)しかいない。

 当然、馬券もなかなか高配当は出ない。特にここ2週の重賞5鞍は、最もついたもので共同通信杯の3連単1万6620円。クイーンCは6820円と1万円もつかなかった。

 1番人気が凄く走っている一方で、完全に割を食っている(?)のが2番人気。〈11212〉で③着内率・250。しかも、1月の間は日経新春杯でシャケトラが②着した以外は⑨④⑫⑥⑨⑭⑬⑧⑫⑥着とボロボロだった。

 だが、2月に入ると成績は上昇傾向に転じている。きさらぎ賞=ダンビュライト、クイーンC=フローレスマジックが③着、共同通信杯ではスワーヴリチャードが勝利。これが今年初の2番人気馬の重賞先頭ゴールインである。

 走りすぎの感が強い1番人気と、それに押され続けてきた2番人気。一年を通じてみれば平均化する法則から考えていくと、逆転の日は近いはず。これからは「ナンバー2の大逆襲」に要注意だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  5. 5

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る