日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
村上卓史
著者のコラム一覧
村上卓史作家・放送作家

1966年生まれ。作家・放送作家。TBS系「炎の体育会TV」、フジテレビ系「みんなのKEIBA」などを担当。近著に「感動競馬場 本当にあった馬いい話」。99年から地方競馬の馬主になり、その後、JRA、シンガポールで馬主登録。現在は中央2頭、地方7頭(共有含む)を所有。日本放送作家協会理事、東京馬主協会会員。

「組合馬主」なら所得条件は300万円まで下がります

現在は高知の田中守殿舎にいる愛馬のマッセ(提供写真)

 馬主になるためのルール・その②「所得500万円以下でも馬主になれる!?」──。

 競馬法で定められた年間所得500万円(年収約700万円)以上という条件はなかなかのハードル。そこで提案したいのが、地方競馬の「組合馬主」です。このシステムを生かせば、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事