日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

駅チカスナックは増沢未夫元騎手も常連のひとり

生演奏が聴ける(大沼店長と生徒さん)/(C)日刊ゲンダイ

「歌のふる里 こーたろ」(府中駅北口)

 東京競馬場の目と鼻の先、京王線府中駅北口から歩いて1分ほど、ビル地下の飲食街にある競馬ファンが集まるカラオケスナックだ。

 開店して29年目、カウンター7席とゆったりしたテーブルフロアの店内には30人ほどが入れる。店主の大沼孝太郎さんは、70代だが…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事