【小倉大賞典】マルターズアポジー逃走V

公開日:

 小倉で行われたGⅢ小倉大賞典はいつものように先手を取ったマルターズアポジーが鮮やかに逃げ切った。

 さすがはGⅠ有馬記念で大逃げを打った馬といったところか。先行激化が予想された中で刻んだラップは前半5F通過が57秒6。このハイペースに2番手を追走していた3番人気マイネルハニーなどは、早々と3角で手応えが怪しくなり⑯着に大敗している。

 ところがこの馬は直線も二枚腰を使っての2馬身差Vだ。重賞初勝利の福島記念はノーマークでスローペースと恵まれた印象もあったが、“速くても強かった”今回の内容は紛れもなく本物だ。

 近年はあまり見られなくなった個性派ランナー。今後もきっぷのいい逃げで大舞台を盛り上げてくれるのは間違いない。

 また、鞍上の武士沢は小倉での初勝利が重賞とメモリアルにもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る