【小倉大賞典】マルターズアポジー逃走V

公開日:

 小倉で行われたGⅢ小倉大賞典はいつものように先手を取ったマルターズアポジーが鮮やかに逃げ切った。

 さすがはGⅠ有馬記念で大逃げを打った馬といったところか。先行激化が予想された中で刻んだラップは前半5F通過が57秒6。このハイペースに2番手を追走していた3番人気マイネルハニーなどは、早々と3角で手応えが怪しくなり⑯着に大敗している。

 ところがこの馬は直線も二枚腰を使っての2馬身差Vだ。重賞初勝利の福島記念はノーマークでスローペースと恵まれた印象もあったが、“速くても強かった”今回の内容は紛れもなく本物だ。

 近年はあまり見られなくなった個性派ランナー。今後もきっぷのいい逃げで大舞台を盛り上げてくれるのは間違いない。

 また、鞍上の武士沢は小倉での初勝利が重賞とメモリアルにもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る