【小倉大賞典】マルターズアポジー逃走V

公開日: 更新日:

 小倉で行われたGⅢ小倉大賞典はいつものように先手を取ったマルターズアポジーが鮮やかに逃げ切った。

 さすがはGⅠ有馬記念で大逃げを打った馬といったところか。先行激化が予想された中で刻んだラップは前半5F通過が57秒6。このハイペースに2番手を追走していた3番人気マイネルハニーなどは、早々と3角で手応えが怪しくなり⑯着に大敗している。

 ところがこの馬は直線も二枚腰を使っての2馬身差Vだ。重賞初勝利の福島記念はノーマークでスローペースと恵まれた印象もあったが、“速くても強かった”今回の内容は紛れもなく本物だ。

 近年はあまり見られなくなった個性派ランナー。今後もきっぷのいい逃げで大舞台を盛り上げてくれるのは間違いない。

 また、鞍上の武士沢は小倉での初勝利が重賞とメモリアルにもなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る